妊活あるある

20代・30代・40代の年代別「なかなか妊娠できない原因」

2017/06/29

w8w8w8

不妊というと、高齢の方のみの問題と思われがちですが、近年では20代、30代、40代と幅広い年代の方が不妊に悩んでいると言われています。
そこで、今回は「なかなか妊娠できない原因」について20代、30代、40代の年代別に見ていきたいと思います。

 

20代の妊娠できない原因

「若いからまだ妊娠できる」と油断しがちな年代ですが、不妊の原因は加齢によるものだけではなく、20代でも不妊に悩む方はいます。
実際に、25~29歳での不妊の確率は約9%となっていて、このデータからも若いからといって必ずしも妊娠できるわけではないということがわかります。妊活サプリは20代から飲むことをおすすめします。
20代の不妊の原因には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

・病気

体に子宮内膜症、性感染症、多嚢胞性卵巣症候群などの病気が潜んでいて、それが原因で妊娠できない可能性があります。
これらの病気の中には、下腹部痛、生理不順、おりものの異常などの自覚症状を伴うものもあるので、そのような症状を感じたらすぐに婦人科を受診することが大切です。
また、自覚症状を伴わない病気もあるので、なにも異常がない場合であっても、一度受診して検査を受けておくと安心です。

・食生活の乱れ

20代は美容についての関心が高い年代で、スタイルを気にしてダイエットをする女性も少なくありません。
しかし、過度なダイエットにより食生活が乱れると、ホルモンバランスが崩れて妊娠しにくくなってしまいます。
体型が気になる方は、バランスの良い食事と適度な運動で、健康的な美を目指しましょう。

・冷え

体が冷えて血流が悪くなると、生殖器の機能が低下したり、ホルモンバランスが乱れたりして、妊娠しにくくなってしまいます。
特に20代女性は、ミニスカートなど露出が多い服装や薄着をしておしゃれを楽しみたい年頃ですが、過度な露出や薄着は体の冷えを招きますので、出来るだけ控えた方が良いでしょう。

 

 

30代の妊娠できない原因

30代は、加齢による不妊が出てくる時期です。
不妊の確率も20代の約9%から、ぐっとあがって、35~39歳では約20%になります。
30代の不妊の原因には以下のようなものがあり、早急に対策を講じる必要があります。妊活サプリはすぐに飲むことをおすすめします。

・加齢

加齢により生殖器の機能が低下して、卵子の質が低下したり、子宮内膜の状態が悪くなったりして妊娠しにくくなってきます。
普段から規則正しい生活習慣を心掛け、生殖器や卵子の状態をキープすることが大切です。

・ストレス

30代は仕事での責任が大きくなってくる時期でもあり、ストレスを抱えやすくなります。
また、20代から不妊治療などの妊活を始めたにも関わらずなかなか結果が出ないという方は、妊活自体にストレスを感じることも多くなります。
過度なストレスは不妊の原因になります。
自分なりの発散法を見つけたり、妊活についてステップアップするのか?休止するのか?など今後の計画をよく考えて、ストレスを出来るだけためない生活を目指すことが大切です。

・冷え

30代になると体型の崩れを気にして、補正下着などの締め付ける下着をつける方も増えてきます。
しかし、体を締め付けると血行が悪くなって妊娠しにくくなる可能性があります。
食事の見直しや適度な運動で体型維持をしていきましょう。

 

 

40代の妊娠できない原因

40代が1周期で自然妊娠する確率は、40歳で5%、45歳では1%で、ほとんど自然妊娠の可能性はありません。
しかし、不妊治療を経て妊娠・出産を叶える方もいらっしゃるので、しっかりと原因を理解して、希望を持って妊活に取り組むことが大切です。
治療も含め妊活サプリは必須をおすすめします。

・加齢

30代で紹介した症状がさらに増えますので、徹底した生活習慣の管理や病院での不妊治療をしていく必要があります。

・運動不足

年齢を重ねると、どうしても運動をする機会は減っていってしまいます。
昔のように体型維持のために体を動かそうという気持ちも起きにくくなりますね。
しかし、運動不足は加齢を加速させ、不妊の原因になります。
無理のない範囲からで構いませんので、意識して体を動かす機会をつくっていきましょう。

 

-妊活あるある