妊活サプリメント

男性の妊活に良い食事や成分を詳しく説明

2017/06/29

1ced4

不妊というと女性にのみ原因があると思われがちですが、近年では不妊に悩むカップルの約半数で、男性にも不妊の原因があることがわかっています。
そのため、妊活を効率よく成功させるためには、男性の協力が必要不可欠です。
今回は、男性の妊活に良い成分について詳しく見ていきたいと思います。
これを参考に男女一緒の妊活に取り組んでみて下さいね。
妊活サプリには多くの男性向けの成分が含まれています。ぜひ男性にも妊活サプリをおすすめします。

 

男性の妊活に良い成分を選ぶポイント

男性が妊活をする上で重要なポイントは、ズバリ以下の2点です。

①タイミングを取れるように元気を保つ

②精子の質を良くする

妊娠はいつでもできるわけではなく、女性の排卵に合わせたタイミングでセックスをする必要があります。
しかし、タイミングが来た時に、男性が仕事で疲れていてセックスができなかったり、射精までたどり着けないという事態はよくあることで、このような事態を回避することが妊娠への第一歩となります。
さらに、いくら良いタイミングでセックスできたとしても、射精した精液に含まれる精子が質の悪いものばかりでは、妊娠に至ることはできません。
タイミングをとるにしても、人工授精や体外受精にトライするにしても、精子の質が良ければ妊娠確率を上げることができるのです。

 

 

男性の妊活に良い成分

上でご紹介した2つのポイントを踏まえて、男性の妊活に良い成分について見ていきましょう。

①タイミングを取れるように元気を保つ成分

【血流を良くする成分】

血流を良くすることで、男性の体力が向上し、タイミングをとる日に元気でいることができます。

・ビタミンC・ビタミンE

活性酸素により血管壁が傷つけられると、血流が悪くなってしまいます。
ビタミンCやEには高い抗酸化作用があるので、活性酸素を除去して血流を良くしてくれます。
多く含む食品:赤ピーマン、レモン、アーモンド、すじこなど

・ポリフェノール

抗酸化作用を示し、ビタミンCやEと同様に血流改善効果があります。
ザクロサプリを利用すれば、手軽に摂取することができます。
多く含む食品:ブルーベリー、いちご、ワインなど

・DHA・EPA

血管内に余分なコレステロールがたまると、血栓ができたりして血流が悪くなってしまいます。
DHAやEPAには余分なコレステロールを除去する働きがあるため、血流を改善することができます。
多く含む食品:イワシ、サバ、ブリなどの青魚

【ホルモンバランスを整える成分】

ストレスや加齢などにより男性ホルモンのバランスが乱れると、性欲が減退したり勃起を維持できなくなって、うまくタイミングを取れなくなってしまいます。

・ビタミンE

自律神経を整えて、ホルモンバランスの乱れを改善してくれます。

・ベンジルグルコシノレート

聞きなれない名前だと思いますが、「マカ」という植物に多く含まれる成分で、ホルモンの働きを助けたり、滋養強壮の働きがあります。
マカサプリで摂取できます。

 

②精子の質を良くする成分

・亜鉛

「セックスミネラル」とも呼ばれる、代表的な男性不妊に良い成分です。
精子の数の増加・運動率の向上・奇形率の低下などの作用があります。
多く含む食品:牡蠣、豚レバー、卵黄など

・葉酸

精子の染色体異常の発生率を低下させ、精子の質を高める働きがあります。
必要量を食品からのみで摂取するのは難しいので、サプリメントも合わせて利用するのがオススメです。
多く含む食品:鶏レバー、枝豆、焼き海苔など

・セレン

精子を形成したり、精子の運動率を高めてくれます。
多く含む食品:サンマ、イワシ、鰹節など

・アルギニン

精子の成長に必要なホルモンを分泌させて精子数を増やします。
また、ポリアミンという物質を生成して精子の運動率を高める働きもあります。
多く含む食品:ナッツ類、マグロ、高野豆腐など

妊活サプリには多くの男性向けの成分が含まれています。
ぜひ男性にも妊活サプリをおすすめします。

-妊活サプリメント