妊活サプリメント

日頃よりミトコンドリアの活性を習慣にすることで大きな妊活効果になる

2017/10/17

f4esd4

ミトコンドリアと言われても「昔生物の授業で習ったような…でもどんなものなのかよく分からない」と言う方が多いのではないでしょうか。
実は最近の研究でこのミトコンドリアを活性化させることが妊活のキーポイントであることがわかり、注目を集めています。
なぜミトコンドリアを活性化させると妊活に良いのでしょうか?
ミトコンドリアを活性化させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

ミトコンドリアとは?

人間の体は約60兆個の細胞からできていて、その一つ一つに数十~数万個ものミトコンドリアが含まれています。
この細胞内に多数存在するミトコンドリアは、人間の運動する・食べる・寝るなど全ての活動の源となるエネルギーを作り出す役割を担っています。
つまり、ミトコンドリアは私たちにとってエネルギーを作り出す「発電所」のようなもので、生命活動を支える必要不可欠なものであると言えるのです。

 

ミトコンドリアを活性化させると妊活に効果アリ?

私たちが元気に生活を送るためには、細胞内に十分な数のミトコンドリアが存在して活発にエネルギーを作り出していく必要があります。
しかし、ミトコンドリアは加齢とともに数が減少していくことがわかっていて、加齢に伴う体の不調はミトコンドリアによるエネルギーの供給不足により引き起こされると言われています。
当然のことですが、妊娠する上でなくてはならない卵子や精子も細胞でできているため、内部にはミトコンドリアが存在していてそれぞれにエネルギーを供給しています。
よって他の細胞と同様に、加齢に伴って卵子や精子内のミトコンドリア数は減少して、卵子や精子のエネルギー不足が引き起こされると考えられます。
エネルギー不足となった卵子は質が低下、精子は運動率が低下して、妊娠しにくくなってしまいます。
このように、加齢に伴う妊娠率低下の一因はミトコンドリアの減少にあり、このことこそがミトコンドリアの減少を防いで活性化することが妊活のキーポイントであると言われる所以なのです。

 

 

ミトコンドリアを活性化させるためには?

ミトコンドリアは加齢とともに数が減少していきますが、生活習慣の見直しによりある程度は増やせることがわかっています。
ミトコンドリアを増やして活性化させるのに効果的な生活習慣についてご紹介しますので、積極的に取り組み日々の習慣としていって下さい。

有酸素運動をする

ミトコンドリアを増やすのに最も有効的な方法が有酸素運動をすることです。
有酸素運動とは酸素を使って脂肪を燃焼させる運動のことで、具体的にはランニング、ウォーキング、スイミング、サイクリング、ヨガなどが挙げられます。
普段から運動不足を感じる方は、これらの有酸素運動を継続的に行うようにすることでミトコンドリアの活性が望めます。
ご自身のライフスタイルに合った無理なく取り組めるものを探してみましょう。

正しい姿勢を心がける

ミトコンドリアは筋肉中、特に姿勢を保つのに使われる背筋に多く含まれています。
そのため、普段から正しい姿勢を心がけて背筋を伸ばすようにすることで、背筋が増えてその中にあるミトコンドリアも増やすことができます。
猫背が気になる方や、デスクワークなどで下を向く姿勢をとることの多い方は、できるだけ正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

腹八分目を心がける

体内のエネルギーが不足していると、不足分を補うためにミトコンドリアの活動が活発になり、数も増加します。
そのため、空腹時にはミトコンドリアの活性化が進むと言われています。
しかし、無理に空腹状態にしようと食事を抜いたりすると、急激に痩せたりストレスが溜まってかえって妊娠しにくくなってしまうので、満腹になる手前の腹八分めを心がけて食事をするくらいが丁度良いでしょう。
食事の後に、ついつい食べ過ぎてしまったなと感じることが多い方は、特に気をつけるようにしましょう。

ミトコンドリアを活性化させることが妊活に効果的である理由がおわかり頂けたと思います。
実際に、今まで様々な妊活を試したけれどうまくいかなかったという方が、ミトコンドリアを活性化させるよう生活習慣を見直したところ、妊娠したという報告もあるそうです。
今回ご紹介した内容を参考に、日頃よりミトコンドリアの活性を習慣にしていきましょう。

-妊活サプリメント