妊活の基礎知識

年を重ねると妊娠しにくくなる理由

2017/06/23

2016061302

男女平等などと言われる時代

男女平等などと言われる時代になり、女性が働く環境も少しずつですが整えられてきました。このようなこともあり、結婚をしても働き続ける女性が増えたり、晩婚化も進んでいます。
また、働きながら子育てをするという環境が整っておらず、妊娠するタイミングや妊娠したいと思う時期が遅くなっていると思います。
妊活サプリは飲んでいますか?妊活の為の食事はしていますか?

妊娠は、若いほどしやすく年を重ねるにつれてしにくくなると言われています。
現在では35歳からが高齢出産と言われますが、35歳以上で出産する方も増えてきています。

しかし、高齢だと妊娠しにくく、リスクがあると言われてしまうのはなぜなんでしょうか?
年を重ねるにつれて、妊娠しにくくなる理由を詳しく見ていきましょう。

 

卵子が老化し始める

年を重ねるごとに卵子だけではなく、様々なところの老化が始まります。
肌はよく25歳がお肌の曲がり角、なんて言いますよね?
卵子の老化は、35歳を境にそれ以降から急激に老化していくと言われています。
その為に、妊娠しずらいと言われています。

また、卵子の元となる細胞は、胎児の頃に約200万個でその後はどんどん数が減っていき、20代で約10万個となり40代になるとなんと約5000個までどんどん数を減らしていきます。

 

 

妊活するのは絶対に早い方がいい理由

妊娠したくても出来ないという不妊の方が増え続けています。そのような不妊に陥らないためにも妊活を始めるのは絶対に早い方がいいといえます。

日本人に不妊を訴える方が増えた要因

妊活するのは絶対に早い方がいい理由は、日本人に不妊を訴える方が増えた要因と関係があります。なぜ不妊を訴える方が増えてしまったのかというと、その最大の要因としてあるのが「晩婚化」です。結婚するのが遅くなってしまったことが原因です。ここ20年間で夫側は2.6歳、妻側は3.1歳、結婚年齢が遅くなっています。

晩婚化により結婚する年齢が遅くなると、その分、体の老化が進みます。当然、子宮や卵巣、性ホルモンといった妊娠に深く関わる臓器も老化してしまうので、妊娠しにくい体へと変化してしまいます。

このような理由により、妊活をするなら絶対に早い方がいい!ということになります。実際には、妊活というよりも結婚する年齢を自分で定めて、なるべく20代中盤までには結婚するという予定を立てるようにするとベストです。

現代は高学歴社会に加えて、子ども一人育てるにも経済的余裕が必要という考えがあることから、妊活する年齢が遅くなってしまう傾向にあります。しかし、子どもが大きくなるほお金が掛かるということを考えると、実は、なるべく早く妊活を始めた方が金銭的に楽という結果になります。

 

 

妊娠する為に必要な女性ホルモンが減る

卵子と精子が受精するのに女性ホルモンの一種であるエストロゲンが必要となっていきます。

エストロゲンは妊娠にそなえて、子宮内膜を厚くしたり、卵胞の成熟を促す・精子が子宮の中に入りやすくするなどの大切な働きをします。
この女性ホルモンの分泌量は30代の前半に一番多く分泌されて、それ以降は量が減っていきます。

 

生理周期の変化

生理が終わるとまた新しい卵子が作られ、次の生理で卵子を排卵します。
この周期が年を重ねるごとに長くなります。
生理はきているが、排卵がおこなわれなくなることもあります。
排卵が行なわれていても不完全な卵子の場合もあり、受精しにくい状態になります。

 

子宮の老化

子宮も年を重ねるごとに質が徐々に低下していきます。
もともと、子宮は老化しやすく、生活習慣や生活環境によっては、より老化を加速させてしまうことがあります。
子宮の老化が進むと、子宮内膜症などの病気にかかったり着床障害を起こしたりします。
だいたい22歳の頃に一番子宮の質がよく、20代後半からは少しずつ質が低下していきます。

 

妊娠の確率

一般的には、一か月あたりの受精は8割以上と言われていますが、妊娠をするのは20~30%ぐらいだとされています。
受精してから細胞分裂を繰り返し、着床がうまくできたときに妊娠をします。
妊娠をするということは、とても奇跡的なことです。

この妊娠をする確率ですが、これも年を重ねるごとに序々に低下していきます。
また、年を重ねるといろいろな機能の老化が進み、妊娠を維持する力も低下します。
その為、流産の可能性が高まります。
40代の初産だと40%、42歳で50%と確率がグッと上がります。
高齢出産がどれだけ大変なことかは、数字から読み取れます。

上記のような要因があるので、年を重ねると妊娠しずらく、出産までたどり着く確率が低くなるとされています。

しかし、現在では医療も発達して高齢でも妊娠して出産する方が増えています。
正し、出産するまでの道のりは決して簡単というわけではありません。
40歳を過ぎてしまうと、なかなか自然妊娠することが難しく、不妊治療が必要となる可能性が高くなります。

高齢で妊娠をしたくても中々妊娠までたどり着かない場合は、早目に産婦人科に相談することをお勧めします。
早く専門医に相談することで妊娠する確率も変わってきます。

 

ルイボスティーや妊活サプリが人気のある理由

やはり「体内の老化を防ぐ」また「若さを保つ」為には努力だけでは若さを保つことはできません。

見た目を若く保つことはお金をかけて化粧品やエステなどで保つことはできます。ですが、体内の機能低下は化粧品やエステではどうにもなりません。
そこで30歳を過ぎても体内年齢を若く保つ為に「ルイボスティー」や「妊活サプリメント」が必要になってくるわけです。

妊活サプリなどは金額で言えば「毎月3000円~5000円」程度です。3ヶ月から6ヶ月程度しっかりと続け体内の変化をしっかりと実感してみれば、化粧品などと同じように体調変化がわかります。
その為、妊活サプリやルイボスなどは非常に人気があります。
早くはじめて悪いことは一切ありません。ぜひ一度お試しください。

詳しい妊活のサプリの紹介していますのでこちらも合わえてご覧ください。
「最新の妊活サプリの人気ランキング」

妊娠には生活環境や食生活も大きく影響してきます。

ストレスや睡眠不足などは身体に大きな影響を与えて、ホルモンバランスが乱れる原因にもなります。

しっかりと睡眠をとり、ストレスが溜まらないように心がけましょう。
ストレスを溜めないように、自分なりのストレス発散方法を見つけることも大切です。
運動をしたり、ヨガに通ったり、休日を何もしないで過ごすなどそれぞれに合った発散方法があるはずです。

バランス良く栄養のとれる食事を心がけ、身体の健康状態を維持しましょう。

何事も思い悩まずに、専門医や周りの人に相談することも大切です。
旦那さんともよく話し合い、リラックスした生活を送るよう意識してみてください。

前向きに、妊娠するちからを高めて身体と生活環境を整えて準備を進めていきましょう。

 

-妊活の基礎知識