妊活に欠かせないマカ

妊活夫婦の為のマカの効果、マカの注意点、マカの副作用など徹底解析!

妊活夫婦の為の「マカの効果」と「マカの注意点」や「マカの副作用」

マカというと「男性の精力増強に効果があるもの」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
実はマカには、多くの方がイメージする精力増強などの男性不妊に対する効果の他、女性不妊に対する効果、さらには健康や美容に対する効果まであることがわかっています。

 

妊活に取り組む夫婦にとっては、妊娠を目指しながら健康で美しいからだづくりも叶えてくれる、優秀なアイテムと言えるのです。
そこで今回は、そんなマカを正しく妊活に活用するためにも、効果・注意点・副作用などについて詳しく見ていきたいと思います。

 

 

マカとは?

マカとは、南米ペルーを原産とするアブラナ科の植物です。
見た目はカブのような形をしていて、日本ではこの根の部分をサプリメントや粉末などに加工して利用しています。

 

マカは土壌の養分を大量に吸収して成長することが知られていて、「マカを栽培した土地は収穫後5~6年は不毛になる」とも言われます。

 

そしてこのように、土地を枯れさせてしまうほどたくさんの養分を吸収して育つことから、マカは現地では滋養強壮食材として古くから利用されており、日本でも2000年頃から妊活や健康に効果があるとしてサプリメント・粉末・ドリンクなどの形で販売され、注目を集めるようになりました。

 

 

マカに含まれる成分と妊活・健康効果

マカには良質なアミノ酸をはじめとして、ビタミンやミネラルなど様々な成分が豊富に含まれています。
そして、それらの成分の中には妊活や不妊、健康や美容に効果的な作用を示すものも多く、そのことがマカが妊活や健康に効果的であると言われる所以なのです。

<妊活や不妊症への効果は?>

マカの妊活や不妊症に対する効果は以下の3つです。

  1. 元気な精子を生産する・卵子の質を向上させる
  2. ホルモンバランスを調整する
  3. 精力を増強する

それぞれの効果が、マカに含まれるどんな成分によりもたらされるのか、見ていきましょう。

1.元気な精子を生産する・卵子の質を向上させる

マカに含まれる成分の中でも特に妊活や不妊症に効果があると言われるのが「アルギニン」です。
人間の内臓・筋肉・皮膚・髪の毛などはタンパク質から作られていますが、アルギニンはそのタンパク質の主成分となります。

 

精子や卵子もそのほかの体の器官と同様にタンパク質から作られているため、その主成分であるアルギニンを多く含むマカを摂取することで、精子数の増加や卵子の質の向上を望むことができるのです。

 

また、アルギニンにはポリアミンという物質を生産して精子の運動率を上げる働きがあることもわかっていて、マカを摂取すれば精子の数だけでなく質を向上させることも可能なのです。

 

2.ホルモンバランスを調整する

体内のホルモンバランスが整っているか否かは、妊娠を叶えるための重要な要素となります。
女性ではホルモンバランスが乱れると、卵巣や子宮などの機能が低下して体が妊娠しにくい状態になったり、生理周期が不安定になって子作りのタイミングをとりにくくなってしまいます。

 

また、男性ではホルモンバランスが乱れると、性欲が減退したり勃起が維持できなくなったりして、うまく子作りができなくなってしまうことがあります。
このようにホルモンバランスの乱れは、妊活を妨げたり場合によっては不妊を引き起こす要因にもなりかねない重大な問題なのです。

 

マカには「ベンジルグルコシノレート」というホルモンの働きを助ける成分が多く含まれていて、ホルモンバランスの調整をしてくれます。

 

また、「ビタミンE」も多く含まれていて、このビタミンEにはホルモンバランスを乱す原因となる自律神経の働きを整える作用があることがわかっています。
そのため、マカを摂取すればホルモンバランスが整った妊娠しやすい・させやすい体をつくることができ、さらにスムーズに子作りを行えるようにもなるのです。

 

3.精力を増強する

マカには、男性ホルモンのテストステロンを作り出す時に必要な「亜鉛」が含まれています。
テストステロンには男性の性欲を増進させたり、勃起障害を改善させたりする働きがあります。
そのため、亜鉛を多く含むマカを摂取すれば、精力が増強されて、男性は子作りのタイミングをとる日に元気でいられるようになるのです。

 

また、マカには亜鉛だけでなく、「アルカロイド」「ステロイド」「サポニン」「タンニン」「アントシアニン」といった内分泌を刺激する成分も含まれていて、内分泌が刺激されることによる性欲増進や勃起障害の改善も見込めるのです。

 

 

<健康や美容への効果は?>

マカに含まれる様々な成分は、妊活や不妊症だけにとどまらず、健康や美容にも効果的であることがわかっています。
マカによりもたらされる健康・美容効果について見ていきましょう。

・冷え性を改善する

アルギニンには血管を拡張させる働きがあり、ビタミンEには活性酸素を除去して血液をサラサラにする働きがあります。
そのためアルギニンとビタミンEの両方を含むマカを摂取すれば、血流が促進されて冷え性の改善が望めます。

 

「冷えは万病のもと」と言われるように、冷え性は脳血管障害・心疾患・がんなど多くの病気の元凶になっているのではないかとも考えられています。
マカにより冷え性が改善すればこれらの病気のリスクを減らすことも夢ではないのです。

 

・高血圧を改善する

先ほどご紹介したように、マカにはアルギニンやビタミンEによる血流促進効果があります。
そのため、高血圧を改善して、高血圧により引き起こされる脳梗塞・心筋梗塞・腎不全などの病気を予防するのにも、マカは有効であると言えます。

 

・便秘を改善する

女性の中には「生理前の便秘」を経験したことがある方も多いのではないでしょうか。
生理前の便秘は、生理前に分泌されるプロゲステロンというホルモンが過剰になってしまうことで引き起こされます。

 

プロゲステロンには腸の蠕動運動を抑制する働きがあるからです。
マカには女性ホルモンのエストロゲンに似た成分が含まれています。
そのため、マカを摂取すれば体内のプロゲステロンとエストロゲンのバランスが整って、生理前の便秘を解消することができるのです。

 

・更年期障害を改善する

女性の体ではおおよそ45歳くらいから閉経に向かって、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少していきます。
そしてエストロゲンが不足してホルモンバランスが乱れると、体に更年期障害と呼ばれる様々な不調が引き起こされてしまいます。

 

マカにはエストロゲンに似た成分が含まれていて、更年期に不足したエストロゲンを補う働きをしてくれます。
また、ビタミンEの働きにより自律神経を整えてホルモンバランスを調整することもできるため、マカを摂取すれば更年期障害の改善が望めるのです。

 

・ストレスに対抗する

ストレスがたまると自律神経のバランスが乱れて体に様々な不調が現れます。
ひどい場合には胃炎・メニエール病・過呼吸などの病気が引き起こされることもあり見逃せない問題ですが、仕事や家事に追われる現代人にとってストレスを感じずに生活するのは難しいことでもあります。

 

マカには自律神経の働きを整えるビタミンEが多く含まれていて、ストレスにより乱れてしまった自律神経のバランスを整える働きがあります。
マカを摂取すれば、ストレスがたまってしまったとしても、それに対抗して健康を保つことができるのです。

 

・美肌をつくる

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す作用が、亜鉛には細胞の成長を促す作用があります。
そのため、アルギニンと亜鉛を多く含むマカを摂取すれば、肌の新陳代謝が活性化されて新しい肌がどんどん生み出されるようになります。

 

さらに、アルギニンには肌の角質層を保湿して、肌を乾燥から守る働きもあることがわかっています。
マカを摂取すれば、若くみずみずしい美肌をつくることができるわけです。

 

・ダイエットを助ける

先ほどアルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあるとご紹介しました。
この成長ホルモンには肌の新陳代謝を良くする以外に、筋肉を作り出すという働きもあります。

 

筋肉が増えれば基礎代謝量も上がるため、結果的に太りにくい体を作ることができます。
アルギニンを多く含むマカはダイエットの助けにもなるのです。

 

 

○マカの利用方法は?

・マカサプリはどこで手に入る?

ドラックストアや薬局などの実店舗のほか、インターネット通販でもたくさんのマカ商品が販売されています。

 

・マカの商品を選ぶポイントは?

マカ商品には錠剤のサプリメント・粉末・ドリンクなど様々な形状のものがあります。
どの形状のものを利用しても構いませんが、サプリメントには食事に関係なく手軽に摂取できる点、粉末やドリンクには食事に混ぜて自然な形で摂取できる点など、それぞれのメリットがあります。

 

また、形状の他にも含有成分・値段・買いやすさやなど様々な観点においてそれぞれのメリットやデメリットがあり、それらを自分の体の状態や生活と照らし合わせながら、より効果的で無理なく利用できる商品を選ぶことが大切です。

 

・効果的な利用方法は?

商品ごとに定められた用法・用量を守ることが、効果的な利用方法の基本となります。
また一般的には、効果が得られるまでに2~3ヶ月ほど継続使用する必要があると言われているため、結果を焦らずコツコツ続けることも大切なポイントです。

 

 

 

マカを利用する際の注意点・副作用は?

妊活・不妊症、健康・美容に様々な効果を示すマカですが、その利用方法には注意すべき点があります。
また、ほとんど起こらないと言われてはいますが、副作用の報告がゼロなわけではありません。

 

本来起こるはずのない副作用を避けるために、あるいは万一副作用が起きた場合に速やかに対処するためにも、注意点や副作用についてしっかりと理解しておく必要があります。

<注意点>

用量を守る

マカに様々な効果があることを知ったあなたは、より早く・強く効果を得たいと思うあまり、たくさんの量を摂取したくなるかもしれません。
しかし、マカ商品にはそれぞれ決められた用量があり、用量を超えてたくさん摂取したからといって早く・強く効果が現れるというものではありません。
むしろ、過剰摂取により副作用が引き起こされてしまうこともあり、十分な効果が得られなくなるばかりでなく使用自体を続けられなくなることすらあるのです。

 

マカは用量を守って摂取していれば副作用が起こることはほとんどないと言われていますので「用量厳守で安全に継続摂取」していくことが重要なのです。

 

妊娠したら利用しない

マカが妊娠中・授乳中の女性や胎児に与える影響については、不明な点が多いというのが実情です。
そのため、妊活中に使用する方は、妊娠がわかったらすぐに使用をやめるべきであることを頭に入れておきましょう。

 

<主な副作用>

マカは用法・用量を守って摂取していれば、副作用はほとんど起こらないと言われています。
しかし、体に合わなかったり、効果が現れる過程で体に不調をきたすケースが全くないわけではありません。
万一の場合に備えて、使用前にしっかりと副作用について理解しておきましょう。

 

アブラナ科植物に対するアレルギー反応

アブラナ科の植物にはキャベツ・ブロッコリー・大根・カブなどがあります。
これらの植物にアレルギーを持っている方はマカを摂取することでアレルギー反応が出る可能性があります。
マカの使用は控えるべきでしょう。

 

不正出血

マカにより女性ホルモンのバランスが整って排卵周期が正常化していく過程で、不正出血や短期間に少量の生理が起こる場合があります。
副作用というより、効果が現れ始めていることを示す反応なので、しばらく様子をみて治るようなら問題はありません。
しかし、いつまでも症状が治らなかったりだらだらと出血が続く場合には、別の病気の可能性もありますので病院を受診する必要があります。

 

ニキビ

マカには美肌効果がある一方で、人によってはニキビができやすくなることもあります。
これは、マカの作用で男性ホルモンが増えて皮脂の分泌量が過剰になることによるもので、元々脂性肌の方は特に注意が必要です。

 

マカの使用を継続するか否かは、ニキビの程度や、ニキビができることとその他の妊活・不妊・健康効果とを天秤にかけて、判断していく必要があります。

 

過剰摂取による下痢

マカの効果の一つとして生理前の便秘改善がありますが、過剰摂取により便秘改善を通り越して下痢を引き起こしてしまうことがあります。
用量内の摂取であれば下痢になることはほとんどありませんが、心配な方は1日の摂取目安量を何回かに小分けにして摂取してみると安心かもしれません。

 

マカについておわかりいただけたでしょうか?
今回ご紹介した内容を参考に、妊活はもちろん健やかで美しいからだづくりにも、上手にマカを活用していって下さいね。

-妊活に欠かせないマカ