ハーブティーで妊活

妊活ルイボスティーは子宮をフカフカにするらしい?

2017/03/15

016
ルイボスティーは子宮をフカフカにするらしい?

ルイボスティーは、ノンカフェインで飲みやすいということから、妊娠中や授乳中の女性をはじめ、子供も安心して飲むことができる飲み物として知られていますよね。
そんなルイボスティーが、実は不妊で悩む女性の強い味方であるということをご存知ですか?

ルイボスティーを飲むと、子宮がフカフカになる

「ルイボスティーを飲むと、子宮がフカフカになる」、そんなことを聞いたことがありませんか?
子宮がフカフカという言葉からは、受精卵がやさしく着床するような、そんなイメージを受けます。
実際にはどんな状態がフカフカというのか・・・。
子宮内膜が厚くなっている状態のことをいうようです。
やってくる受精卵を子宮がフカフカの状態で迎えることができれば、着床しやすくなり、妊娠の可能性が高まると考えられています。

ルイボスマスター「ルイボスティーで妊活」で詳しく書かれていました!

妊娠には、体内の活性酸素が大きく関わっています。活性酸素には、体内の卵巣機能を正常に保つ機能が備わっていますが、その活性酸素が、年齢やストレスなどで増えすぎてしまうと、バランスが崩れて妊娠しづらい体になってしまうそうなのです。
増えすぎてしまった活性酸素を、除去する成分が含まれているのが、ルイボスティーです。
ルイボスティーには、ポリフェノールが含まれており、このポリフェノールが余分な活性酸素を攻撃し、除去してくれるそうです。

また、ルイボスティーに含まれる亜鉛は、子宮内膜を厚くしてくれて、子宮をフカフカの状態にしてくれるそうなのです。

ルイボスティーは、リラックスできる味で、しかもノンカフェインで、栄養も豊富に含まれていて、なおかつ妊娠を助けてくれる、まさに妊活中の女性の強くておいしい味方ですね!

-ハーブティーで妊活