不妊治療をわかりやすく

妊活や不妊治療について相談できる場所

s41sd4d

あなたには、妊活や不妊治療の悩みを聞いてくれる人がいますか?
妊活や不妊治療をしていると、「本当にこの方法で良いのか?」という疑問や、「頑張っているのになかなか結果が出ない…」という焦りや不安を感じることも多いと思います。
そういったたくさんの疑問、焦り、不安などの感情を一人で抱えたまま、妊活や不妊治療を続けるのはとても辛いものです。
一人で妊活サプリを飲んで妊娠初期書状を待っているのもつらいですねー
しかし、妊活や不妊治療は極めてプライベートなことなので友達や親には相談しにくく、一番味方ていてほしい夫ともうまく話が噛み合わないというケースも多いもの。
そこで、今回は、身近に妊活や不妊治療の悩みを聞いてくれる人がいないという方に向けて、妊活や不妊治療について相談できる場所をご紹介していきたいと思います。

不妊専門相談センター

「不妊専門相談センター」は、厚生労働省により各都道府県に設置が進められている公的施設です。
設置場所は大学病院、健康センター、保健所、不妊専門相談センターなどで、看護師・助産師などの医療従事者や専門のカウンセラーによる無料の電話相談を受けることができます。
また、施設によっては、面談やメール相談も受け付けてくれたり、同じ悩みを持つ方同士でのグループディスカッションなどを開催しているところもあります。
公的機関が運営していて、相談員が妊活や不妊治療の専門家であることから、安心して相談しやすいと思います。
また、相談は匿名でも受け付けてくれて、受付日を土日に設けている施設もあるため、男性でも比較的相談しやすいのではないでしょうか。
各都道府県の設置場所、電話番号、受付時間などの情報は下記のページからご覧になれますので、まずはお住まい近くの施設をチェックしてみて下さい。

不妊専門相談センター事業の概要/厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken03/

 

不妊治療専門病院

不妊治療専門病院の中には、看護師やカウンセラーによる、妊活や不妊治療のカウンセリングを行う施設も多くあります。
治療をせずにカウンセリングのみを受付けてくれるところもあります。
ただし、相談だけをしに病院に行くことに気が引けてしまう方も多いため、どちらかというと、すでに不妊治療を始めている方が通院先の病院で相談するという利用の仕方が多いそうです。
また、相談は電話やメールではなく対面で行うことがほとんどなので、顔や名前を知られたくないという方には向かないかと思います。
しかし、普段から病院に通っている方にとっては、通いなれた施設で、治療と並行して相談できる点や、医療従事者や専門カウンセラーに相談できる点など、様々なメリットもあります。
気になる方は、まずは自分が通院している病院がカウンセリングを行っているか、電話などで確認してみましょう。

 

インターネット上でも

インターネット上でも、カウンセラーによる相談窓口、Q&Aコミュニティ、交流掲示板などで、妊活や不妊治療について相談することができます。
「妊活 不妊治療 相談できる場所」などのワードで検索するとたくさんのサイトが出てきます。
不妊体験者による相談窓口サイトの中には、メールはもちろん、電話や対面での相談を受付けてくれるところもあります。
また、Q&Aコミュニティサイトや交流掲示板では、妊活・不妊経験がある方、専門カウンセラー、妊活中の方が、ネット上で質疑をしたり、語り合うことができます。
同じ気持ちを共有できるだけで気持ちが楽になるかもしれませんね。
ただし、これらのサイトの中には、有料のサービスがあったり、相談相手が必ずしもプロでないなどの注意点もあります。
気軽にはじめられる手段ですが、どのサイトを利用するかはよく吟味する必要があります。

 

焦りや不安などの負の感情がたまると、体がストレスを感じてますます妊娠しにくくなることもあります。
負の感情は溜まる前に吐き出すことが大切です。
今回ご紹介した中から、自分に合う窓口を見つけて、上手に活用していってくださいね。

-不妊治療をわかりやすく