ハーブティーで妊活

妊活のモチベーションを上げる「飲み物」を紹介

2017/06/23

2016060902

妊活は一時的なものではなく、しばらく続けることになります。
そして妊活で大切なことは、妊娠しやすいように体を健康な状態にすることですね。
とはいっても、日々の生活や仕事をしていると、思うようにいかないもの。
生理のときになれば調子が悪く、またそのときの気分によっても変化しますよね。
そうなると、妊活のモチベーションが続かないこともあるかもしれません。
そのときにおすすめとなるのが飲み物ですね。
妊活飲み物で妊活サプリを飲んで妊活ヨガ!?
大好きな飲み物を飲むことで気分もリラックスすることができるからです。
そこでムリせず、妊活のモチベーションを上げながら、妊娠しやすくするための飲み物を紹介していきます。

妊活に適していない飲み物はあるの

どんな飲み物でもいいのかといったら、そのようなことはありません。
やはり、妊娠を願っているのであれば、妊娠を遠ざける飲み物は避けるようにしましょう。
妊娠するために条件としては、

冷えを改善して体温を上げること

貧血を改善して血液が健康であること

他にもありますが、この点を注意して、飲み物を選ぶのがおすすめですね。
では、どのような飲み物を避けたほうがいいのでしょうか?
例えば、

コーヒーなどカフェインの多い飲み物

糖分が多い飲み物

冷たい飲み物

このような飲み物です。
カフェインは、血管を収縮し血流の流れが悪くなります。
そのため、冷えを助長することに繋がってしまうんですね。
あわせて、血液を作るために必要な鉄分を阻害する働きがあります。
そして、糖分の多いジュースや炭酸飲料も要注意です。
糖分は体内に吸収するときに、血液を作るビタミンBを大量に消費してしまいます。
そして、冷たい飲み物は、体を冷やしてしまいます。
とはいっても、過度に飲まない限り、たまに飲んでも構いません。
つまり、妊娠に適していない飲み物を少しずつ避けることが大切です。

コーヒー好きな人に・・・カフェインを断つには?

いきなりコーヒーを断つなんてムリ・・・そんな人もいるかもしれませんね。
そのようなときには、デカフェと呼ばれるカフェインレスコーヒーをおすすめします。
色や香りやそのままで、コーヒーを楽しむことができます。
他には、たんぽぽコーヒーもおすすめですね。
色はコーヒーのように黒ですが、カフェインは入っていないので大丈夫です。
そして、たんぽぽコーヒーの原料となるたんぽぽには、妊活におすすめの効果があります。
例えば、

ホルモンバランスを整えて、生理不順や不妊の改善

母乳の出がよくなる

利尿作用が働き、妊娠に重要な腎臓の働きをよくする

冷え性の改善

このような働きがあります。
つまり、妊活だけでなく妊娠中そして出産後にもおすすめの飲み物です。
では、これ以外に妊活のモチベーションを上げる飲み物を紹介します。

ルイボスティー

ルイボスはマメ科の植物で、主に南アフリカの地域に自生しています。
この葉っぱを乾燥させたものが、ルイボスティーの原料となります。
そしてカフェインも入っていないので安心して飲むことができます。
また、ルイボスティーを飲むようになってから、妊娠する方も多く増えているんですね。
ルイボスティーは妊娠を阻害する、活性酸素を除去する働きがあります。
また、体温を上昇する働きもあります。妊活サプリなどにも含まれていますね!
子宮が活性酸素に阻害されると、それだけで妊娠する確率が減ってしまいます。
つまり、活性酸素を除去し体温が上がることで、妊娠しやすくなります。

妊活専門おすすめルイボスティーは「エルバランシア」です。
世の中にあるルイボスティーの一番の最高品質を扱っています。
詳しくはこちら→「エルバランシア 最高品質オーガニック・ルイボスティー」

酵素ドリンク

酵素は体内に取り込んだ栄養をうまく吸収し、それを体内で効果的に使うために必要になる成分です。
例えば消化酵素があることで、体内により栄養を吸収しやすくします。
ところが昔の人と比べ、今の人は酵素が不足しています。
これにより、取り込んだ栄養を吸収できず、体の機能が正常に働きません。
そうなると、冷え性など体温が低下し、不妊の原因になってしまうんですね。
他にも体内の毒素を外に出すことができません。
その結果として、肩こりや便秘といった体の不調も出てしまいます。
そこで酵素ドリンクを飲むことで、体内に栄養を効率よく吸収することができます。
これにより体の機能が正常に機能して、妊娠しやすくなります。

生姜ティーやハーブティー

生姜の効能は非常に万能で、妊活にもおすすめです。
生姜のいいところとしては、やはり体を温める効果があることですね。
それ以外にも、血流をよくする、殺菌作用などがあります。
妊活サプリにも生姜などはすくまれていてマカとも相性が良いです。
カゼを引いて調子が悪いとき、冬寒いときにも生姜はおすすめですね。
他には妊娠中のつわりによる吐き気を抑える働きもあります。
そしてハーブティーに使用されるハーブは生姜を含めてたくさんあります。
ハーブの種類としては、

ラズベリーリーフ

シャタバリ

オレンジピール

ネトル

ローズヒップ

他にももちろんあります。
ハーブの効果は使用している原料によっても変わります。
ハーブティーを取り入れる場合には、

生理不順や生理痛

冷え性の改善

鉄分やビタミンCが多いもの

このような効果があるものを選んでくださいね。
ただし、飲み過ぎると妊活や妊娠中に影響の出るものもあります。
その点を注意して、自分にあったハーブティーや飲み物を選んでくださいね。

ハーブティーの詳しい情報はこちらの記事が参考になります!
「「ハーブティーで妊活」-リラックスは最大の妊活効果」

-ハーブティーで妊活