妊活の基礎知識

妊活に良いことって他になにがあるのか?調べてみた。

2017/06/29

s4d8sw4d8ws

「妊活」とは妊娠に向けての前向きな活動のことです。
今すぐ赤ちゃんが欲しいという方はもちろん、将来は赤ちゃんが欲しいという方にもその将来が来た時に妊娠しやすい体でいるために、ぜひ取り組んで欲しいものです。
妊活には様々な方法があります。
そこで、今回は妊活に良いことをまとめてご紹介していきたいと思います。

 

病院を受診して自分の体を知る

自分の体に、妊娠するうえで障害になる病気が潜んでいないかを知ることはとても重要です。
基礎体温を計ったり、排卵日検査薬を使うなど自分で調べることもできますが、まず最初にやって欲しいのは病院に行くということです。
具体的には婦人科を受診して不妊の検査をすることや、婦人科系以外でも持病がある方はそれぞれの病気を診てくれる専門科で治療や管理をしておくということです。
不妊の検査は言うまでもありませんが、婦人科系以外の病気の中にも甲状腺異常、糖尿病、高プロラクチンなど排卵障害を引き起こすものがあるからです。
病院に行くのはハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思いますが、不妊の原因の中には自分でいくら妊活を頑張ったところで、病院でなければ治すことができないものもあります。
時間を無駄にしないためにも、まずは病院で自分の今の体の状態を調べておきましょう。

 

生活習慣を見直す

生活習慣に問題があると生殖器の状態が悪くなり、卵子の質が落ちて妊娠しにくくなってしまいます。
具体的には以下の3つの生活習慣について見直してみて下さい。

①食事

妊活に良い栄養素を摂る

食品に含まれる栄養素の中には妊娠しやすい体づくりを助けてくれるものがあります。
以下に代表的な妊活に良い栄養素を挙げておきましたので、これらを意識して普段の食事に取り入れていきましょう。

  • タンパク質
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • ビタミンE

体を温める食材を摂る

体が冷えると血行が悪くなって生殖機の状態が悪くなってしまいます。
根菜類、豆類、生姜などの薬味類のような体を温める食品を積極的に摂るようにしましょう。

糖質を摂り過ぎない

糖質を摂り過ぎると肥満になったりホルモンバランスが乱れて、卵巣の働きが悪くなってしまいます。
ご飯やパンなどは適量を食べ、お菓子やジュースなどはできるだけ控えるようにしましょう。

 

②運動

運動をすることによる妊活へのメリットは以下の2つです。

血行が良くなって、生殖機能が高まる

代謝が良くなったりストレスが解消されて、ホルモンバランスが整う

運動の中でも特に妊活に良いとされるのは、ジョギング、ウォーキング、ストレッチなどの有酸素運動です。
無理をしない範囲で良いので、継続的に取り組んでみましょう。

 

③睡眠

質の良い睡眠をとることで妊娠しやすい体をつくることができます。
質の良い睡眠をとるためには以下の点に注意して生活することが大切です。

食事・入浴は寝る2時間前には済ませておく

寝る前にアルコールを摂らない

寝るときは部屋を暗くする

寝る前にスマホやパソコンを見ない

日中、適度な運動をする

 

妊活サプリを利用する

妊活に良い栄養素を手軽に摂れることから、妊活サプリの利用は人気の妊活方法となっています。
妊活サプリに含まれる代表的な成分とその働きをまとめましたので、これを参考に自分の体の状態に合うサプリを探してみて下さい。

おすすめサプリはこちらからご紹介しています。「毎月更新 おすすめの妊活サプリ」

葉酸

子宮内膜を厚くして着床を助ける。
受精卵の成長を助けて流産しにくくする。
元気な精子をつくる。
つわりの軽減や赤ちゃんの先天性異常のリスク低減など、妊娠後の母体や赤ちゃんにも良い成分。

ビタミンE

血流を良くして卵子や精子の質を高める。
ホルモンバランスを整えて妊娠しやすい体をつくる。

鉄分

子宮内膜を厚くして着床を助ける。
血流を良くして胎児の成長を助ける。

亜鉛

女性ホルモンを活性化して、妊娠しやすい体をつくる。
男性ホルモンを活性化して、精子の質をあげたり、性欲を高める。

カリウム

卵子内のミトコンドリアを元気にして卵子の質を高める。
血流を良くして元気な精子をつくる。

 

 

良い夫婦関係を築く

ある調査によると、妊娠するためだけに夫婦生活を持つ夫婦の妊娠確率は低いというデータがあります。
人間の体は不思議なもので、夫婦生活を妊娠のための義務として捉えると、妊娠しにくくなったり、夫婦生活そのものがうまくできなくなることがあるそうです。
普段から良い夫婦関係を築いて、義務ではなく楽しんで夫婦生活を持つのも大切なことです。

 

 

大事なのはストレスをためずにリラックス

「たくさんやらなければいけないことがある…」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これらは一気に全て実践しなければいけないわけではありません。
できそうなことから少しずつ始めれば大丈夫です。
絶対にやらなければいけないと思い詰め過ぎると、そのことがストレスになって逆に妊娠しにくくなってしまうということにもなりかねませんので、ゆったりとした気持ちで始めてみて下さいね。

 

-妊活の基礎知識