妊活の基礎知識

妊活と代謝とミトコンドリアの活性化ってなに?

2017/06/28

しかし、「ミトコンドリア…昔学校で習ったけどなんだっけ?」、「ミトコンドリアと妊活って関係があるの?」「妊活サプリに入ってる?」という方も多いはず。
そこで、今回は、そんなミトコンドリアと妊活の関係についてご紹介していきたいと思います。

e4r54rer54

そもそもミトコンドリアとは?

人間の体は約60兆個の細胞からできていて、その一つ一つに数十?数万個ものミトコンドリアが含まれています。
この細胞内のミトコンドリアは、人間が生きていく上で必要なエネルギーを生み出す働きをしていて、「人体の発電所」と呼ばれています。
ミトコンドリアは、私たちが呼吸をすることで体内に取り込まれた酸素を使って、食事により取り込まれた糖や脂質を分解していきます。
この分解過程でエネルギーのもとが作り出されるのです。
そして、私たちはそのエネルギーを使って、運動する、食べる、寝るなど全ての活動をしています。
つまり、ミトコンドリアは私達の生命活動を支える、なくてはならないものと言えるのです。

 

加齢とミトコンドリアの関係

私達が健康で元気にいるためには、細胞内に十分な数のミトコンドリアが存在して、エネルギーを作り出す必要があります。
しかし、ミトコンドリアは、加齢に伴って老化していき、数が減少するということがわかっています。
そしてその結果、エネルギー不足により代謝が上手くいかなくなったり、臓器の機能低下が引き起こされるのです。

 

妊活とミトコンドリアの関係

当然ですが、卵子も細胞で出来ているので、内部にミトコンドリアが存在して卵子へのエネルギー生産・供給を行なっています。
よって、他の細胞と同様に、加齢に伴って卵子内のミトコンドリアが老化・減少すると、卵子へのエネルギー供給が上手くいかなくなって、卵子の質の低下が引き起こされることになります。
そして、染色体異常を持った正しく機能しない卵子が増えてしまうのです。
染色体異常を持った卵子は、受精しにくいうえ、例え受精したとしても着床しにくいため、不妊の原因となります。
また、着床して妊娠できたとしても、上手く成長せずに流産・死産を引き起こして、無事に出産まで至らない危険性も高くなってしまいます。
ミトコンドリアの老化を防いで活性化させることが、子宝に恵まれやすい体づくりの肝になるということがわかります。

 

ミトコンドリアを活性化させるためには?

では、ミトコンドリアを増やして、活性化させるためにはどうしたら良いのでしょうか?
その方法についてまとめてみましたので、ぜひ実践してみて下さい。
ミトコンドリアを活性化させて妊娠しやすい体を手に入れましょう!

1.有酸素運動をする

有酸素運動は、ミトコンドリアを増やすのに最も効果的な方法であると言われています。
有酸素運動とは、負荷が軽く、動きが穏やかで、持続性のある運動を指し、具体的にはジョギング、ウォーキング、水泳などのことです。
これらの運動は特に空腹時に行うのがおすすめです。
空腹時にエネルギーが枯渇している状態で運動すると、ミトコンドリアがより増加しやすくなります。
運動前の食事はできるだけ控えるようにしましょう。

 

2.姿勢を良くする

ミトコンドリアは背中や太ももなど、姿勢を保つのに使う部位の筋肉に多く含まれています。
そのため、良い姿勢を保つようにすることで、ミトコンドリアが自然に増加する環境をつくることができます。

 

3.食事内容を工夫する

食品の中にはミトコンドリアを増やす作用が確認されているものがあります。
代表的なものをまとめてみましたので、積極的に摂るようにしましょう。
もちろん妊活サプリもおすすめです。

  1. ニラ
  2. ニンニク
  3. ブロッコリースプラウト
  4. トマト
  5. イカ・タコ
  6. レバー

4.腹八分目を心がける

体内のエネルギーが不足していると、不足分を補おうとして、ミトコンドリアはいつも以上に活発に活動するようになり、数も増えます。
そのため、空腹時にはミトコンドリアの活性化が進みます。
しかし、無理をして空腹状態にしようとすることで、ストレスを感じたり急激に痩せてしまっては、かえって妊娠しにくい体になってしまいます。
満腹になる手前の腹八分目を心がけて食事をするくらいが丁度良いでしょう。

 

5.サプリメントを活用する

最近は、ミトコンドリアを活性化させる成分を含む「ミトコンドリアサプリ」と呼ばれるサプリメントが販売されています。
妊活サプリもおすすめです。詳しくはこちら!
サプリメントは手軽に摂取できるので、積極的に利用していきましょう。
時間がなくて他の方法がなかなか実践できないという方にもおすすめです。

 

 

-妊活の基礎知識