マタニティーの知識

妊婦になったときに意外に困るファッション!妊婦さんの服装は気をつけることはある?

投稿日:

妊婦さんはこんなところに気をつけて服を選ぼう

管理者
妊婦さんは何かと注目を集めるので、普段よりも服装が気になったり、コーディネートの重要性が高まったりします。 また、お腹の赤ちゃんや本人の着心地にも影響しますから、おしゃれで着やすいものを選びたいところです。

一般的に、妊婦さんはバストが張って大きくなりがちですから、胸元に余裕のあるサイズを選択するのが基本となります。

また、腕を通すアームホール部分が大きめに作られていると、腕を伸ばしたり肩を回しても引っ張られにくくなるので、バストが苦しくなる状況が避けられます。
一方、おしりは妊娠前だと目立ちますが、お腹が大きくなるにつれて目立ちにくくなります。

お腹は臨月を迎えるとプラス40cmほどになるので、お腹に引っ張られておしりが窮屈にならない、そういった洋服を選ぶことがポイントです。

ポイント

妊婦さん向けのマタニティは、着心地が良くシルエットでボディラインの魅力を引き出したりと、合理的に考えられているのでおすすめです。
従来は、お腹を冷やさないようにへそが隠れるボトムスが推奨されてきましたが、現在はへそ出しも許容されつつあります。
むしろ、ウエストを覆ったり締めつけるような服装は、妊娠によってへそが痛くなる場合に大敵です。
寒い時に露出の多い格好は疑問ですが、比較的暖かい時に無理にお腹を覆う必要はないので、その点も考慮して選ぶのが良いでしょう。

 

妊婦でも着れるファストファッション

管理者
ユニクロZARA、そしてH&Mでは、妊婦さんでも着られるファストファッションを取り扱っています。 ユニクロでは、ゆったりとしたパンツやおしゃれが楽しめるジーンズに、着心地とファッション性を両立したレギンスを提案しています。

いずれも3千円台から4千円台なので、まさに妊婦さんにとって嬉しい選択肢となります。取り扱い商品の種類が多いユニクロですから、ボトムスもゆったり目で好みのものが選べます。

ハイウエストのレギンスは、柔らかい素材で妊娠の後期にまで対応しますから、長く楽しめるファストファッションとなるでしょう。
お腹の変化に合わせて洋服を買い換えるのは大変、そういう悩みの答えとして役立ちます。


ZARAはやや高めに位置しますが、おしゃれを重視しつつファストファッションを活用したいのであれば、有力な選択肢となるはずです。
リブ編みニットタイプのロングワンピースは、妊婦さん向けでお腹のサイズ変化もカバーしてくれます。
全身をこれ1つでコーディネートできますから、洋服を選ぶ時間がなかったり、迷ってしまった場合の味方となります。
ノースリーブタイプのワンピースもあるので、季節や好みに合わせて選択可能です。


H&Mは比較的妊婦さん向けに力を入れている企業で、オーバーオールやスキニーや、ゆったりとしたジャージトップスなど満載です。
価格帯は勿論ファストファッションですし、価格と品質のバランスが良いのも魅力的です。

 

臨月の妊婦さんは特に服装に気をつけましょう

臨月に入る妊婦さんは、特に服装に気をつける必要があります。
お腹周りが最大に大きくなる時期ですから、キツく締めつけるような洋服は御法度です。

管理者
無理なくお腹を覆うことができるマタニティパンツは、ウエストに余裕を持たせながら着用できるので理想的です。 お腹の部分に問題はなくても、スリムで肌に密着する洋服は着脱が面倒なので、こういった意味でもぴったりしたタイプは避けるのが賢明です。

冬のように足元が冷える心配がなければ、基本的にスカートを選んでも良いですし、ワイドパンツのような洋服でコーディネートを楽しむこともできます。
ただし、露出はなるべく避けるのがベターですから、ロングタイプで膝下を長く覆うものを選びましょう。

管理者
スカートはウエスト部分にゴムが入っているフレアタイプが狙い目で、ゆったり快適に着られます。 タイトスカートは一見すると窮屈な印象ですが、同じくゴム入りであれば、やや厚手の生地と相まって気持ち良く着用できます。

ポイント

素材的に秋冬の使用に向いていますから、服装は洋服の種類だけでなく、材質や作りにも目を向けて選ぶことが肝心です。
これらを改めて考えると、臨月の妊婦さんは妊娠初期よりもゆったり目のボトムスを選び、お腹を締め付けないようにするのが注意点となります。
トップスはアームホールに余裕があるものを組み合わせ、動きに窮屈さを感じないことが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-マタニティーの知識

Copyright© 妊活の極ブログ , 2019 All Rights Reserved.