妊活あるある

妊娠検査薬はいつから使える?注意点は?

更新日:

4d4dd4

妊娠検査薬は、使い方自体はとても簡単なものですが、適切なタイミングで使わないと正しい結果がわからないものでもあります。
妊娠検査薬はいつから使えるのでしょうか?また、どんな注意点があるのでしょうか?

 

妊娠検査薬で妊娠がわかる仕組みは?

妊娠検査薬は、「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応する仕組みとなっています。
女性の体内では、妊娠すると、すなわち受精卵が子宮内膜に着床すると、hCGの分泌量が増えていき、次第に尿中にも出てくるようになります。
そして、尿中のhCG値が50mlU/mL以上になると、妊娠検査薬が陽性反応を示すようになります。

 

 

妊娠検査薬はいつから使える?

妊娠検査薬の仕組みから考えると、「体内のhCG値が50mlU/mLを超える時期」に妊娠検査薬を使えば陽性かどうか判定できるということになります。
しかし、この「体内のhCG値が50mlU/mLを超える時期」というのが実はネックで、生理開始予定日に50mlU/mLを超えるという人もいれば、そこから1週間ほど経過してやっと超えるという人もいるのです。
そのため、妊娠検査薬は、全ての人がほぼ確実に判定ができるように「生理開始予定日の1週間後以降」を検査可能時期としています。

 

 

妊娠初期にフライングに注意!

妊娠検査薬の使用時期は「生理開始予定日の1週間後以降」です。
しかし、hCG値が生理開始予定日に50mlU/mLを超える人もいると聞くと、妊娠を待ち望む人は、生理開始予定日に検査したくなるかもしれません。
このように、本来の検査時期より前に妊娠検査薬を使うことを「フライング検査」と呼び、実際にこのフライング検査をする人は多く見られます。
もちろん、hCG値が早期に上昇する体質の人であれば、この方法でも陽性反応を示すこともあります。
しかし、早期に検査した場合には、判定窓に現れる線が薄かったり、尿が蒸発する際に現れる蒸発線と見間違えたりすることもあります。
正しい判定結果を得るためには、はやる気持ちをぐっと抑えて正しい時期に使用することが大切なのです。

 

 

どうしても早く妊娠検査の結果が知りたい時には

とはいえ、妊娠を待ち望んで妊活や不妊治療を頑張ってきた人にとっては、1日でも早く妊娠の有無を確かめたいものですよね。
そんな「どうしても早く結果が知りたい!」という人には、「早期妊娠検査薬」がオススメです。
早期妊娠検査薬はその名の通り、通常の妊娠検査薬より早期に判定ができる検査薬です。
通常の妊娠検査薬が反応する量の半量、25mlU/mL以上のhCGに反応するように作られていて、商品によって「生理予定日の4日前から」や、「生理予定日から」検査をすることが可能です。
ただし、このように早期に陽性反応が出た場合には、一時的にhCGの分泌量が増えたものの生理がきてしまう「化学流産」の可能性もあります。
早期に陽性反応が出ることで化学流産を知ってしまい、本来なら感じずに済んだ喪失感に襲われる恐れもありますので、その点は理解をした上で使う必要があります。
また、これらの早期妊娠検査薬は、通常の検査薬のように薬局の商品棚に並んでいることはなく、薬剤師との対面販売かインターネット通販でしか手に入れることができませんので、その点も注意が必要です。

 

 

妊娠検査薬の使用時期と注意点がお分かりいただけたと思います。
妊娠検査薬は、正しい方法で定められた時期に使えば99%以上正確な判定ができる、非常に優れたものです。
妊活サプリ、妊娠検査薬、基礎体温系は三種の神器!
今回ご紹介した内容をよく理解して、正しく活用したいですね。

-妊活あるある

Copyright© 妊活の極ブログ , 2019 All Rights Reserved.