不妊治療をわかりやすく

卵子凍結保存の費用は?実は多くの不妊女性は始めています!

ef4ef4e4f

卵子凍結保存は珍しいもの?

「卵子凍結保存」と言われても、ごぐ一部の人が行う特別なもので自分には関係ないと思う方が多いのではないでしょうか。
確かに少し前までは、病気のため健康な卵子を維持できない女性のみが対象のものでした。
しかし、女性の社会進出が進む現代では晩婚化の影響を受けて、健康な未婚女性が行うケースが増えてきていて、もはや卵子凍結保存は私たちの身近なものとなってきているのです。

 

卵子凍結保存とは?

卵子凍結保存とは、女性の体内から採取した卵子を凍結して長期間保存しておくことです。
体外受精や顕微受精により受精済みの卵子を凍結する場合と、採取しただけの未受精の卵子を凍結する場合があります。
凍結保存された卵子は、女性が妊娠できるタイミングで解凍して、子宮内に移植することができます。

 

どんな人が対象になる?

日本生殖医学会のガイドラインでは卵子の採取は40歳未満で行うことが望ましいとされています。
このことから、基本的には40歳未満の女性であれば既婚・未婚を問わず卵子凍結保存の対象となります。
そして、その中でも、卵子凍結保存を選択するのは以下のような条件の女性が多くなっています。

不妊治療中の女性

不妊治療の一つである体外受精では複数の卵子を採取して受精卵をつくりますが、母子にとってリスクの高い多胎妊娠を避けるため、母体に戻す受精卵は原則1、2個のみです。
そこで余った受精卵を有効活用するために、凍結保存しておくことがあります。

癌などの病気がある女性

癌などの病気がある女性が、今後の治療で卵子に悪影響が出ると考えられる場合に、卵子を採取して未受精のまま凍結保存しておきます。

将来妊娠を希望する女性

卵子は加齢とともに質が低下して、妊娠しにくい状態になることがわかっています。
そのため、今は妊娠の予定がないけれど将来は子供を持ちたいと思う女性が、若いうちに質のよい状態の未受精卵を凍結保存しておくケースが増えてきています。

 

どんな流れで行う?

基本的には以下の流れに沿って行われます。

  1. 排卵誘発剤などにより排卵された卵子を採取する
  2. 採取した卵子をそのまま、あるいは受精させた後、-196度の液体窒素で凍結する
  3. 妊娠したいタイミングで解凍し、未受精卵は体外受精後、受精卵はそのまま女性の子宮内に移植する

 

どのぐらいの確率で妊娠できる?

凍結保存した受精卵での妊娠率は約20%、未受精卵の場合には解凍・体外受精後の妊娠率は5~10%と言われています。
質の良い卵子を凍結保存しておいたからといって、必ず妊娠できるわけではないということは理解しておく必要があります。

 

どのくらい費用がかかる?

卵子凍結保存は保険が適用されません。
そのため、凍結保存を行うときに約70~100万円かかり、その後卵子1個につき年間1万円の保管費がかかります。
また、凍結保存した卵子を解凍して体内に移植する際にも、約30~50万円かかります。
このように、卵子凍結保存には高額なランニングコストと、その後も長期間に渡ってコストがかかることを理解しておく必要があります。

 

卵子凍結保存は現代女性の強い味方になる選択肢のひとつ!

csc4s78
卵子凍結保存は、様々な事情で今すぐ妊娠できない女性にとってメリットのあるものですが、費用が高額であるにもかかわらず妊娠しない可能性もあるなどのデメリットもあります。
卵子凍結保存を選択する際にはこれらのメリット・デメリットを総合的に見て判断していくことが重要になります。
以下に卵子凍結保存の主なメリット・デメリットをまとめておきますので、これを参考に、家族や医師と相談のうえ利用するかどうか考えてみて下さいね。

【メリット】

  • 何らかの事情で今すぐ妊娠できない場合に、妊娠時期を調節することができる
  • 採卵の回数を減らし、採卵のための労力・時間・苦痛などを軽減できる
  • 妊娠率が上がる可能性がある
  • 多胎予防になる

【デメリット】

  • 高額な費用がかかる
  • 100%妊娠を保証するものではない
  • 凍結や解凍の際に卵子がダメージを受けて、移植できないことがある

 

-不妊治療をわかりやすく