妊活の基礎知識

冷え性は本当に不妊症に関係があるのか調べてみました。

本やインターネットなどで妊活についての情報を集めていると「冷え性で子宮が冷えると不妊の原因になる」、「妊活するなら冷え性を改善すべき」といった内容をよく目にします。
そしてそういった冷え性と不妊に関する情報を目にして「私は冷え性だから妊娠しにくいかも…」と不安になってしまう妊活女性が多くいらっしゃいます。

しかし、あなたが目にしたその情報源には、冷え性が不妊に影響を及ぼす理由が明記されていたでしょうか?
冷え性と不妊の関係について発信されている情報には間違った、あるいはあやふやなものが非常に多いという現状があります。

そういったあやふやな情報に踊らされていたずらに不安にならないためにも、冷え性と不妊の関係について「本当のところはどうなのか」を見ていくことにしましょう。

 

 

冷え性とは?

そもそも冷えとは東洋医学における考え方で、「他の人が冷えを感じない状況で、全身あるいは部分的に冷えを感じ、不快に思う状態」と定義されます。
冷えを感じる女性は多くいらっしゃいますが、特に妊活に取り組む年代の女性に多いのが、手足など末梢の冷え性と言われています。

これは、末梢を冷やすことで体の深部が冷えないようにするという体の防御反応で、末梢の冷えそのものは体の正常な機能と言えます。
ただし、これが慢性的になることで様々な不快症状を引き起こすことがあり、そのような場合には単なる冷えではなく冷え性として問題視されるのです。

 

 

冷え性と不妊症の関係は?

「冷え性で子宮が冷える」という医学的根拠はない

ズバリ、冷え性が不妊の原因になるという医学的根拠はありません。
恒温動物である人間の体には、体温を一定に保つ温度調節機能が備わっていて、たとえ冷え性で抹消部が冷えていても、体の深部にある子宮や卵巣が冷えることはありません。

そのため、よく言われる「冷え性だと子宮や卵巣が冷えるので、妊娠しにくくなる」という説については、否定的な医師が多くなってきています。
冷え性だからといって、妊娠しにくいとは限りませんし、いたずらに不安になる必要はないのです。

 

「冷え性による血行不良やストレス」不妊になる可能性はある

医学的根拠がないとはいえ、実際に冷え性を改善したら妊娠できたという声は多くあります。

これは冷え性によって引き起こされていた血行不良が改善して子宮や卵巣機能が向上したり、頭痛・肩こり・足のむくみ・不眠などの不快症状が改善してストレスにより乱れたホルモンバランスが整ったためだと考えられます。

このように実際には、冷え性と不妊はまったくの無関係というわけではないようです。

 

でも冷え性の改善はしておくべき!

先ほどから述べているように、冷え性により子宮が冷えることはありませんが、血行不良による生殖機能の低下や、ストレスによるホルモンバランスの乱れが起きて、結果として不妊が引き起こされる可能性はあります。

またその他にも、冷え性を改善すれば基礎体温の周期が整ったり、ストレスがなくなることにより性欲が増進されて、子づくりのタイミングをとりやすくなるとも言われます。

このようなことから、不妊に必ずしも影響があると言えなくても、子供を望むのならば冷え性は改善しておくにこしたことはないのです。

 

 

冷え性の改善方法は?

冷え性の改善方法にはどんなものがあるのでしょうか。
具体的な方法についてご紹介しますので、できるものから実践して、冷え性改善を目指しましょう。

<食事>

体を温めるものを摂り、冷やすものは控える

温かい食べ物や飲み物を摂ることで体を内側から温めることができます。
特に、スープや味噌汁は普段の食事メニューにもとり入れやすく、色々な食材をバランスよく摂ることもできるのでおすすめです。

また逆に、アイスクリームや冷たいジュースなどの体を冷やす食べ物や飲み物はできるだけ控えるようにすべきです。

特に暑い夏場には、これらの冷たいものを摂りたくなりますが、夏はクーラーで体が冷えやすい時期でもありますので、ほどほどにしておきましょう。

 

よく噛んで食べる

噛むという行為は顔をはじめとする全身の筋肉に関係する運動です。
そのため、食事をよく噛むようにすることで代謝を高め、体温を上げることができます。

特に、朝食は意識してしっかりと噛んで食べるようにしましょう。
朝は腸の蠕動運動が活発になる時間帯ですので、腸が動くことによる体温の上昇が望めます。

 

<運動>

有酸素運動を習慣にする

運動をすると血行が促進されて、子宮や卵巣などの生殖機能の向上が望めます。
また、継続的に運動をすることによって筋肉量が増えれば、筋肉によってつくられる熱が増えて体が温まりやすくもなります。

特に冷え性改善に効果的と言われるのは、ウォーキング・スイミング・ヨガ・踏み台昇降などの有酸素運動と呼ばれるものです。

初めは少しの時間からで構いませんので、有酸素運動を毎日の習慣として行きましょう。

<服装>

体を冷やさない服装をする

タイトな服は体を締め付けるので、血行を悪くして冷えの原因になってしまいます。
また、当然ですが露出の多い服や薄手の服も体を冷やしやすいので、できるだけ控えたほうが良いでしょう。

どうしてもおしゃれを楽しみたい、あるいは真夏で外が暑いので薄着をしたいという時には、カーディガンなどの羽織れるものを持っておいて、クーラーの効いた室内に入ったら羽織るようにしましょう。

 

<入浴>

湯船に浸かる

仕事や家事で疲れている時や暑い夏場などは、入浴をシャワーのみで済ませる方も多いのではないでしょうか。
しかし、湯船にゆっくりと浸かることは、体を芯から温めて冷えを解消するために重要なことです。

また、湯船に浸かって体が温まるとリラックスしてストレス解消にもなりますので、入浴の際には湯船に浸かるようにしましょう。

おすすめの入浴方法は40度くらいのぬるめのお湯に20~30分浸かることです。時間をつくって試してみましょう。

 

<サプリメント>

冷え性の改善に役立つサプリメントは数多く販売されています。
以下に冷え性に効果的な成分をまとめておきますので、どのサプリを買ったら良いか迷ってしまう時には、ぜひ参考にしてみて下さいね。

血行を良くする成分

  • 血液をサラサラにする成分:DHA、EPAなど
  • 血管を強くする成分:ヘスペリジンなど
  • 血管を拡張する成分:ピペリン、アントシアニンなど
  • 悪玉コレステロールを減らす成分:ビタミンB・C・E、クエン酸など

基礎代謝を良くする成分…ジンゲロン・カプサイシン・オルニチンなど

人間の体内では基礎代謝によりエネルギーが消費されるときに熱が生み出されます。
そのため代謝を良くする成分を摂ることで、冷え性の改善が望めます。

 

アンチエイジング効果のある成分…生姜、ビタミンC・E、マカなど

老化による代謝の衰え・筋肉量の減少・毛細血管の密度減少を食い止めて、冷えを改善します。

 

冷え性と不妊の関係について「本当のところはどうなのか」がお分かりいただけたと思います。
古くから「冷えは万病のもと」と言われるように、日々を健やかに過ごすためにも冷え性は改善しておくにこしたことはありません。

妊娠や出産、そして赤ちゃんが生まれた後の育児をスムーズにする上でも、健康であることは重要です。
「何としても冷え性を治さないと」と思い詰める必要はありませんが、自分にできる方法から冷え性改善に取り組んでいけると良いですね。

-妊活の基礎知識