妊活編-何にお金を使っている?

リアルな妊活成功者のお話「その2」

2017/06/23

wakulady

妊活成功者は何にお金を使ったの?

「なお」さん

妊活に費用を使いましたか?

なかなか妊娠しなかった私は、妊活サプリと体質改善の妊活を行いました。体質改善の方は自分で自宅で生活習慣を整えたり、本を見て簡単なヨガをしたりしただけの簡単なものです。なので、妊活サプリとヨガの本にだけ費用を使いました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

葉酸サプリにはこだわりたかったので、添加物などがなく少し高めのものを選びました。本当はもっと安いものもたくさんあったのですが、私が使ったのは定期購入で3990円のサプリです。それを5ヶ月間使ったので合計で19900円でした。ヨガの本に関しては、2冊で2000円程度です。妊活にかかった全ての費用の合計は、21900円程度でした。

 

それにお金をかけて良かったことは?

私のようになかなか妊娠しにくかった状態でも、結構簡単な妊活で無事に懐妊できました。もちろん個人差などもあるとは思いますが、私のようにそこまで費用や手間をかけずに妊活もできるという事は是非覚えておいて欲しいです。やはり妊活は一つではなく、複数組み合わせる事でより相乗効果が生まれると思います。安く手軽にできるものを複数やってみる事で、実際に効果が出て妊娠できた人は私以外の友人にもいました。
なので皆さんもまずは簡単なものからでも、やってみる価値は十分にあると思います。

「ねごろ」さん

妊活に費用を使いましたか?

不妊治療、それに加えて神社仏閣でのお祈願などを行ないました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

不妊治療が10万円強です。お祈願に関しては、全国各地を回ったこともあって、旅費代などが結構かかっています。正確な金額を思い出すのは難しいのですが、こちらもやはり10万円以上はかかっているのかなと思います。おすすめの妊活サプリが2~3万円

 

それにお金をかけて良かったことは?

妊娠後に、不妊治療を行なわなければ子供を授かれない状態だったよ、とお医者さんに言われたことがあったので、それを聞いた時に「あぁ不妊治療をして良かったな」と思いました。不妊治療をしなければならない自分に情けなさを覚えたこともありますけど、妊娠できた今となっては、そうした精神的に辛かった時期も良い思い出となっています。
そしてお祈願に関しても、当然ながらやって良かったと思っています。普段は神様なんて信じていない私なのですが、辛かった時期は神様にすがらなければやっていられないほどに精神がすり減っていました。つまり、お祈願をしたという事実があったからこそ、私は精神的に壊れることもなく今を迎えられているのだと思います。
なので、私から言えることは、辛い時はなんにでもすがってみればいい、ということだけです。そうすれば絶対に気分的には楽になれるので、是非試してみてください。

「うってぃー」さん

妊活に費用を使いましたか?

妊娠の確率をより上げるために排卵検査薬を購入しました。以前はドラッグストアで購入できたのですが、最近では薬剤師がいる調剤薬局もしくは調剤可能なドラッスストアのみ販売されています。私の地域には店頭で購入できるところがありませんでした。そこでネットで調べたところ格安で排卵検査薬が購入できるサイトを見つけたため、ネット購入しました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

排卵検査薬が売られているネットショップはたくさんあります。値段もまちまちなのですが、私は「goodcare」というサイトで排卵検査薬を購入しました。全商品送料無料なので嬉しいです。排卵検査薬と早期妊娠検査薬のセット購入で税込み¥3,980でした。ほかにもセット商品があり目的に合わせてチョイスできます。私が購入した商品は、排卵検査薬が35本入っており約5ヶ月分くらいあります。

 

それにお金をかけて良かったことは?

たっぷり入った排卵検査薬を購入したおかげで、遠慮なく使用できたのがよかったです。ひと月に5~6回こまめに検査を行えたので、排卵日の予測もしやすくなりました。排卵検査薬で反応が出たときにタイミングをはかり妊娠することができました。1回排卵検査薬を購入しただけで妊娠できたので無駄な買い物ではなかったと思っています。

「嵐山」さん

妊活に費用を使いましたか?

がん検診でお世話になっている病院で不妊治療ができたため3年ほど通いました。
また、妊娠しやすくなる!と聞いたのでルイボスティーも飲んでいました。
妊活をやめてからなのですが、日本と台湾のパワースポットを訪れたところ「子宝効果」で子供を授かりました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

不妊治療で40万弱かかりました。(3年間で毎月の通院・フーナーテスト・子宮鏡・卵管造影含む)

 

それにお金をかけて良かったことは?

結局不妊治療では妊娠することができませんでしたが先生や助産師さんと毎月お話しできるのが癒しになっていました。毎月の妊娠できないストレスを一番受け止めてくれたのは医療スタッフだったと思います。自分たちだけで頑張るよりも早めに病院に行き不妊の原因を知ることができたのは本当によかったです。
不妊治療をやめて3年後に京都・嵐山の野宮神社と台湾は台北にある龍山寺に行きましたところ、翌月に妊娠できたのです。まぐれというかなんというか…野宮神社も龍山寺も子宝にとても効果があると後に聞いて納得した次第です。
もし不妊治療の効果が無かったら、子宝のパワースポットに行かれることをおすすめします。
また、温かいものを飲んでたくさん歩いて下半身の血流をよくするのもいいですよ!

「ゆい」さん

妊活に費用を使いましたか?

私は二人目の妊娠を考えた時に、排卵障害で妊娠しなかったのですが、排卵誘発剤の他に体内環境を整えるために、当帰芍薬散という漢方薬を一日三回内服することを勧められました。
女性の不調に古くから使われている薬で、不妊症、生理不順などに用いられている薬とのことでした。
婦人科で処方をされました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

お金は保険は効きますが、一ヶ月で2,000円程度はかかりました。
薬局でも市販されている物を購入することができますが、薬局は保険が効かず自己負担になるために
市販よりも病院で処方してもらう方が費用を抑えることができます。

 

それにお金をかけて良かったことは?

お金をかけて良かったと思うことは、妊娠が実現したということです。
排卵誘発剤による効果もあったかと思いますが、体内環境を整えて妊娠しやすい状況を作るという意味では、漢方薬を飲んで良かったです。

精神的にも不妊が辛く感じることがありましたが、漢方薬を内服することがイライラなどの精神的な不調にも効くようで、安定した気持ちで不妊治療に臨むことができました。

「みい」さん

妊活に費用を使いましたか?

妊活を始めてから、自分で排卵検査薬をネットで購入して、使用していました。しかし、それでもなかなか妊娠気配がありませんでしたので、病院へ通い、タイミング療法をしました。毎月排卵日付近にエコーをしようして排卵予測をしてもらい、タイミングの指示をしてもらいます。その他にもホルモンを高めるための注射をしたり、血液検査をしてホルモンの量を毎月図りました。旦那は精液検査を行い、精子に異常がないかを調べました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

排卵検査薬は3か月分で4000円程でした。そして、病院でタイミング指導でエコーをするのに一か月に数回通います。だいたい5000円ほどかかります。注射や血液検査を含めても10000円かかりませんでした。旦那の検査は一回で終了しましたが、3000円程支払ったと思います。

 

それにお金をかけて良かったことは?

タイミング療法まではまだそこまで大きな負担にはなりません。妊活するにあたり、時間がとても貴重になるので、どれだけお金がかかったとしても良いと思っていました。もし、タイミング指導より先に進んだとしても、可愛い赤ちゃんに会うためには惜しむことはないと思います。

「くろっち」さん

妊活に費用を使いましたか?

人工授精
マタニティーグッズ
手術

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

50万円

 

それにお金をかけて良かったことは?

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは去年の話となりますが、自分たち家族はやっと子宝にめぐられました。自分たち家族は21歳のときに結婚をさせていただきました。それで早く子供がほしいと思い、頑張ったのですが、無理でした。それで自分たちが20代後半になったときに人工授精を受けることにいたしました。保険が適用をされないので30万円近くかかってしまいましたが、そのおかげで子供をさずかることができました。それで手術などの医療費は保険が聞いたので10万円ほどですみ、後は赤ちゃんグッズやマタニティーグッズに費用がかかりました。自分たちとしては高いと思いましたが、最終的にはこちらの人工授精にお金をかけてほんとうによかったとおもっております。それだけの価値があったと思っております。みなさん、人工授精とはお金がかかるかとは思いますが、妊活には必要不可欠な存在であるので、できない場合は活用をすることをおすすめをします。

「キャラメル」さん

妊活に費用を使いましたか?

不妊治療専門クリニックでタイミング法から始め、人口受精、顕微授精とステップアップした治療費とクリニックとは別に不妊治療専門の鍼灸院にも月に1~2回ほど通いました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

総額で140万円くらい使いました。内訳としては、タイミング法で5万円、人工授精で10万円、顕微授精(採卵が2回、移植が1回)で100万円弱、残りは交通費や鍼灸の治療費として使いました。ただ、都道府県の助成金で15万円、住んでいる自治体独自に実施している助成金で5万円補助があり、また確定申告で8万円ほど還付があったので、実質は110万円くらいの負担だったと思います。

 

それにお金をかけて良かったことは?

私たちは結婚して1年経ち、子どもがなかなか授からないとなったときすぐに夫婦ともに不妊専門クリニックへ行くことに決めました。そして、男性不妊がわかり最終的には顕微授精で授かることができましたが、あのときすぐに不妊治療を専門とするk病院へ行って良かったと思っています。お金は助成金で返ってきた分を含めると100万ほどかかりましたが、私たちにとっては治療しないと授かることができない命だったので、高度治療を早めにするという決断をしたことで、結果的にこれだけで済んで良かったと思っています。また、鍼灸院にも通いましたが、こちらも体質改善に大いに効果があり冷え性が改善したり、採卵がたくさんできるようになったので、お金はかかりましたが同時並行して施術してもらって正解だったと思います。

「ゆい」さん

妊活に費用を使いましたか?

妊活をしていてなかなか授からなかった時に、気持ちが妊娠の方に向いて辛い時がありました。
不妊治療をしていましたし、他にすることはないかと考えた時に、子宝に恵まれる神社に訪問して祈祷をしてもらうということを思いつきました。
藁をもすがる気持ちでしたし、今住んでいる地域にある有名な神社だったので、ここに住んでいることが何かの縁かなと思いました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

祈祷をしてもらうために5,000円を支払いました。また祈祷に合わせてお守りを購入して、1,000円でした。お賽銭を100円程度入れて、子宝に恵まれるようにお願いをしました。
他にかかった費用は車でそこに向かうガソリン代、駐車場代でした。
全てを総合して考えると、約8,000円といったところでした。

 

それにお金をかけて良かったことは?

お金をかけて良かったこととしては、気持ちがリフレッシュされたことです。
緑に囲まれた神社なので、そこでパワーをもらえるという感じがしましたし、不妊治療をもう少し頑張って続けてみようという気持ちがわいてきました。
お守りを持ち続けていることで、ここからパワーをもらえているということを意識しながら、妊活をすることができました。

「ゆう」さん

妊活に費用を使いましたか?

妊娠するまでには、レディースクリニックなどに通い、子宮内の検査をしたり、さらにはタイミング法で妊娠を目指すため、超音波検査などに費用を使いました。

 

いくらくらいお金がかかりましたか?

最初に妊娠ができる体かどうか調べるために、子宮内の検査を行ったり、夫側の検査も行いました。不妊検査を行った後、その後タイミング法を行う流れになりました。超音波検査でタイミング法を数か月行い、その後人工授精に踏み切りました。人工授精では、排卵誘発剤などを使い、行いました。このため、計5万円程度は費用が掛かっていると思います。

 

それにお金をかけて良かったことは?

レディースクリニックでタイミング法を行ったりすることで、費用面では、かなりのお金がかかりました。しかし、お金をかけた結果、人工授精にて子供を授かることができました。それほど月日はかかりませんでしたので、私の場合は、ラッキーだったのかな、と思っています。お金をかけたけれども、最終的に子供を授かることができたので、満足していますし、必用経費だったと思っています。
なかなか子供を授かることができなかった場合、費用も掛かりますので、精神的につらいこともあると思いますが、妊娠をした場合には、喜びも大きいので、頑張ってみるとよいと思います。

-妊活編-何にお金を使っている?