妊活あるある

ベビ待ちさん20代・30代・40代別の妊活方法

2017/06/29

d2d74

近年、社会進出などの影響を受け、女性のライフスタイルは多様化してきています。
20代で結婚して子供を持つ女性もいれば、10年・20年と独身のまま仕事を頑張る女性もいます。
もちろん生き方として、どちらが良い・悪いということはありません。
しかし、妊活に関して言えば、年齢やライフスタイルに関係するところが多く、20代・30代・40代それぞれの年代を意識した方法で取り組むことが必要です。
そこで、今回は、ベビ待ちさん20代・30代・40代別の妊活方法についてご紹介していきたいと思います。

 

20代の妊活方法

f1f1f1

・加齢以外の不妊原因の対策をする!

20代は「まだ若いから十分妊娠できる。大丈夫。」と油断しがちな年代です。
確かに、不妊の確率は40?44歳では約30%、35~39歳では約20%であるのに対し、25~29歳では約9%となっていて、若い方が妊娠しやすいというのは事実です。
しかし、20代であっても約9%の人が不妊に悩んでいるという事実もあり、これは不妊の原因は加齢によるものだけではないということを示しています。
加齢以外の不妊原因としては以下のようなことが考えられます。

婦人科系の病気やそのほかの持病がある
美容が気になる年頃であるため、無理なダイエットをしてホルモンバランスが崩れている
社会人になって一人暮らしを始め、食生活が乱れている

このように不妊の原因は加齢によるものだけでなく、20代の妊活はこれらの「加齢以外の不妊原因の対策をする」ことが重要になってきます。
妊活サプリもしっかりと飲んでいくことをおすすめしています。
一度病院に行って検査をしてみたり、規則正しい生活習慣を心がけるなど、20代でも油断せずにできることから取り組んでいくことが大切です。

 

 

30代の妊活方法

ws58d

・卵子の質をキープする!

30代は、加齢による不妊が出てくる時期です。
そのため、これ以上卵子を老化させないように、卵子の質をキープする妊活法を選択するべきです。
卵子の質をキープするポイントは以下の3点です。

  1. 活性酸素を除去する。(卵子を傷つけないようにする)
  2. 卵巣周囲の血流を良くする。(卵巣機能を高める)
  3. ホルモンバランスを良くする。(生理周期を整えて質の良い卵子をつくる)

これらの働きを持つ物質は食品やサプリにも含まれているので、積極的に摂るようにしましょう。

・すぐに病院に行く!

不妊により病院を受診する目安は「避妊なしでセックスをしても2年以上妊娠しない場合」と言われます。
しかし、30代では「妊活を始めたらすぐに病院を受診すべき」です。
一般的に35歳を境に不妊の確率は上がると考えられています。
30代は冷え性も含め妊活サプリをおすすめします。また妊娠初期症状もわかりやすくなっていると思います。
例えば、30代前半で生活習慣の見直しなどの自分でできる妊活を始めても、数年結果が出なければすぐに35歳を超えてしまうわけです。
時間を無駄にしないためにも、まずは病院を受診して不妊の原因がないか調べておくことが大切です。

 

 

40代の妊活方法

s78a

・強い気持ちで妊活を!

40代の女性が1周期で自然妊娠する確率は、40歳で5%、45歳では1%と非常に低いです。
そのため、40代の妊活では病院で不妊治療を受けなければならないケースが多くなります。
不妊治療は精神的・肉体的な苦痛を伴うことも多く、場合によっては100万円以上もの高額な費用がかかることもあって経済的にもかなりの負担がかかります。
さらに、妊娠したとしても、40代での流産確率は40%以上、さらにダウン症児が産まれる確率も約100人に1人と、どちらも高い確率です。

妊活サプリもおすすめですが、まずはクリニックに行くことが一番のおすすめ、やれることはすべてやりましょう。
40代での妊活は、これらの負担やリスクを理解した上で行う必要があり、覚悟を持って臨まなければなりません。
しかし、40代で妊娠して元気な赤ちゃんを産んでいる人がいないわけではありません。
40代のカップルには、精神面や経済面で安定しているという子供を持つ上での大きなメリットもあります。
マイナス面が多いと悲観的にならず、強い気持ちで妊活に取り組んでいきましょう。

 

 

-妊活あるある