妊活あるある

もしかするとストレスゼロが1番早い妊娠体質を作るかもしれない!

2017/06/30

dewdsd85

妊活をしていると、ストレスがたまることが多いですよね。
ある調査によれば、なんと妊活女性のおおよそ9割もが妊活自体がストレスになっていると感じているそうです。
しかし、そのストレスはあなたから妊娠を遠ざける原因になっているかもしれません。
妊娠とストレスの関係について見ていきましょう。

 

妊活にはストレスになる要因がたくさん

妊活をしていて、以下のような感情を抱いたことはありませんか?

  • 初めて行う妊活や不妊治療に対する不安
  • なかなか妊娠できないことへの焦り
  • 夫が理解してくれないことへの怒りや寂しさ
  • 周りからの何気ない言葉によるプレッシャー

おそらく、妊活中の女性の多くが、少なくともひとつは感じたことがあるのではないでしょうか。
このように、妊活中には不安、焦り、怒りなどの負の感情を抱く要因となる出来事がたくさんあります。
しかし、それにも関わらず、妊活がとてもプライベートなことであるため他人に相談できず、結果としてストレスを1人で抱え込んでしまう女性が多くいるのです。

 

ストレスが妊活に与える影響

ストレスは私たちの体に様々な悪影響をもたらしますが、そのひとつが不妊です。
ストレスがたまることにより、体内のホルモンバランスが乱れて、その結果、排卵障害、着床障害、生理不順などが引き起こされ、妊娠しにくくなってしまうのです。
オハイオ大学の研究によると、ストレスを抱えている女性はそうでない女性と比べて、毎月29%妊娠可能性が低く、不妊の定義に当てはまる女性も2倍以上だったそうです。
これらのことから、ストレスゼロを目指すことが妊娠体質をつくる近道であると言えるのです。

ストレスゼロを目指すには?

ストレスゼロに近づくためにはどうすれば良いのでしょうか?

・頑張り過ぎない

妊娠への思いが強いがゆえに、妊活を頑張って、頭の中は妊活のことで一杯という女性もいらっしゃるかと思います。
しかし、あなたの人生は妊娠することだけが全てなわけではありませんし、現実的に妊活だけの生活を続けることは不可能です。
自分自身のための時間がなくなったり、妊活が思うようにできないことを仕事や家事のせいにすると、ストレスがたまってしまいます。
あまり頑張り過ぎずに、自分のためのリラックスタイムをつくることも大切です。

・自分なりの解消方法を見つける

ストレスがたまると疲れてしまって、休みの日は寝るだけという方もいらっしゃるでしょう。
アロマやハーブティなども良いですね!
もちろん休息により疲れた心と体を癒すのはとても大切なことですが、自分なりのストレス解消法を見つけて休みを充実させてみてはいかがでしょうか?
以下にオススメのストレス解消法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

1.運動

たまったストレスは運動により解消できるとの研究結果があります。
また、運動により血流が良くなれば、生殖器の働きが向上したり、ホルモンバランスが整ったりと、妊娠しやすい体づくりにもつながります。
激しい運動は必要なく、有酸素運動と呼ばれるウォーキングやジョギングなどが効果的ですので、運動し慣れていない方でも取り組みやすいですね。

2.掃除

部屋がきれいにスッキリすると、たまったストレスもスッキリと解消するということは、心理学的にも言われているそうです。
また、軽い運動をすることにもなるので、そういった意味でもストレス解消の効果が期待できます。

3.読書

イギリスのサセックス大学の研究によれば、1日に6分間の読書をすることでストレスが約68%低減されたそうです。
ジャンルは何でも大丈夫ですので、お気に入りの本を見つけてその世界に浸ってみて下さい。

・時には休止も

どうしてもストレスがたまってうまくいかないという時には、思い切って一旦妊活を休むのも1つの手です。

妊活サプリだけにしてみるとか、すべてやめてみるのもありですよ。
妊活から離れてストレスがたまらなくなったら自然妊娠したというのは良くある話なのです。

ストレスが妊娠に及ぼす影響は大きなものです。
たかがストレスと侮らず、ストレスゼロの妊活を目指してみて下さいね。

 

 

 

-妊活あるある