妊活の基礎知識

【男の妊活術!】30代からできる男性の妊活法!

投稿日:

Portrait of young couple with playful behavior in bedroom.

不妊原因の半数は男性不妊、妊活は男女一緒に!

不妊の原因は女性側にあると思われがちですが、実際には40?50%、すなわち約半数は男性側に問題があることがわかっています。

女性だけで数年間不妊治療を受けたにも関わらず妊娠に至らず、ようやく男性が重い腰をあげて受診したところ、男性側に原因があったと判明するケースも少なくないそうです。
こういった事態を避けてスムーズに妊活を進めるためにも、妊活は女性だけでなく男性も一緒に取り組むべきものなのです。

 

 

30代は妊活夫婦にとってのひとつの壁?

一般的に不妊の割合は35歳を境に増えると言われています。
原因は、加齢により女性側の生殖機能が衰えたり卵子が老化することによるものと考えられていますが、これはなにも女性に限ったことではありません。
男性側も30代になると、20代の頃に比べて生殖機能は衰えるのが一般的です。

また、最近の研究により、男性の精子も35歳を境に受精能力が低下する傾向にあることがわかってきました。
男性は射精ができれば何歳になっても子供をつくれると考える方は多くいらっしゃいますが、中には加齢の影響で精子が老化して子供ができにくくなる男性もいるのです。
このように、生殖機能の衰え、卵子と精子の老化という観点から、妊活夫婦にとって30代という年齢は大きな意味合いを持ったものとなっています。

また、20代で結婚して妊活を始めた夫婦にとって、30代になるということ、30代になっても妊娠できないということは、精神的にも大きな意味を持ちます。
「妊活を始めた頃は20代だったのに、30代に入っちゃった…」と自分たちはこの先本当に妊娠できるのか不安になる夫婦は少なくないのです。

このように、フィジカル・メンタルの両面において、30代という年齢は妊活夫婦にとってひとつの壁になっていると言えるのかもしれません。

 

男性の妊活法

30代を妊活におけるひとつの壁のように感じる夫婦がいる一方で、30代、あるいは40代での妊娠を叶える夫婦も数多くいます。

確かに、30代?の体は20代と比べて妊娠しにくくなる傾向にあるのは事実ですが、自分で妊活を頑張ったり、医学の力を借りて不妊治療に取り組めば、妊娠することは十分に可能です。
晩婚化が進む現代では、30代・40代で子供を望むのは珍しいことではありません。
30・40代だから…と逃げ腰にならず、今できること・すべきことに取り組んでいくことが大切です。

 

まずは病院で検査を!

男性不妊の原因の中には病院での治療が必要なものもあり、そのようなケースではいくら自分で妊活を頑張っても残念ながら妊娠には至りません。
今後の妊活をスムーズにして1日も早く子供を持つ為にも、医学的な診断を受けることはとても重要なのです。
婦人科や不妊治療専門病院は女性の患者ばかりで受診しにくいと感じるかもしれませんが、同じように子供を望む男性が受診していることも珍しくはありません。
パートナーと一緒に、ぜひ一度受診してみましょう。

精子の質を高める8の妊活法!

自分でできる男性妊活の方法をご紹介します。
できるものからで大丈夫ですので、取り組んでみて下さいね。

 

1.禁煙する

タバコを吸うと血管が収縮して血流が悪くなります。
男性の陰茎(ペニス)は、内部の海綿体にたくさんの血液が集まることにより硬く勃起します。
そのため、喫煙により血流が悪化すると、うまく勃起できない勃起不全(ED)になって子づくりができなくなる危険性があります。
また、最近では、喫煙による酸化ストレスが原因で精子のDNA構造が傷つけられる可能性についても指摘されてきています。
DNAに傷が付いた精子は受精能力が低いため不妊の原因になりますし、たとえ妊娠したとしても受精卵が正常に育たずに流産してしまう危険性も高まります。
パートナーへの受動喫煙のリスクもありますので、妊活するなら今すぐに禁煙に取り組むべきです。

2.禁欲しない

子づくり前には何日か禁欲して精子を溜めた方が妊娠しやすいと考える方がいらっしゃいますが、それは誤解です。
精子は毎日つくられていて、禁欲すると古い精子が溜まっていくことになります。
すると、精液全体の質が低下して、妊娠の可能性が下がってしまいます。
射精した時に、精液中に新しく元気の良い精子がたくさんいれば妊娠の可能性を高めることができますので、普段から定期的にパートナーとセックスしたり、マスターベーションするなどして古い精子を溜めないようにしましょう。

3.締め付けのきつい下着・サウナや長風呂は避ける

精巣の機能を保って元気な精子を作りだすためには、精巣の温度を35度くらいに保つのが理想的です。
睾丸が他の臓器のように体の中に入っていないのも、体温の約37度より温度を低くするためです。
大切な生殖器官をわざわざ外にぶら下げていることからも、精巣機能がいかに熱に弱いかがお分かりいただけると思います。
締め付けのきつい下着をつけると精巣が蒸れてしまいますし、サウナや長風呂に入れば精巣の温度が高くなってしまいます。
妊活中にはこれらの精巣を温める行為は控えた方が無難でしょう。

4.長時間自転車に乗らない

長時間自転車のサドルに座っていると、サドルがペニスを圧迫することになります。
その圧迫により、ペニスの血管が傷ついてEDになったり、前立腺が炎症を起こして精子の輸送に障害をきたす可能性があります。
通勤などでどうしても長時間自転車に乗れなければいけない方は、途中で何度か腰を浮かせるなどして、サドルに座りっぱなしにならないように工夫しましょう。

5.育毛剤の使用を控える

AGA(男性型脱毛症)の治療のため、「フィナステリド」という成分が配合された育毛剤を使用されている方は注意が必要です。
この成分には男性ホルモンの作用を抑制する働きがあり、精子数の減少、ED、性欲減退などが起きる可能性があります。
髪のケアと妊活のどちらを優先するかという話になってしまいますが、子供を望む強い気持ちがあるのなら妊活中の使用は控えましょう。

6.食生活に気を配る

食品に含まれる成分の中には、精子の形成を助ける、精子の老化を防ぐ、精子の染色体異常を減らす、性生活を向上させるなど、男性の妊活に良い働きを示すものがあります。
また、それとは逆に、精子濃度を低下させたり、他の栄養素の吸収率を低下させるなど、できるだけ避けたほうが良い成分もあります。
これらの成分についてしっかりと理解して、良いものは積極的に摂り、悪いものは避けるような食生活を心がけることが大切です。
普段の食事ではどうしても不足しがちな成分については、サプリメントで補うのも一つの手ですね。

 男性の妊活に良い成分 

アルギニン、亜鉛、ビタミンA・C・E、葉酸 など

 妊活男性が避けた方が良い成分 

大豆食品、リジン、食品添加物、アルコール など

 

7.ストレスを溜めすぎない

ストレスにより体内に活性酸素が発生すると、その活性酸素により細胞の働きが悪くなったり細胞自体が傷ついて死んでしまうことがあります。
このような活性酸素により引き起こされる事態のことを「酸化ストレス」と呼び、精子はこの酸化ストレスの影響を受けやすいとされています。
そのため、過度なストレスが溜まると、精子の質が低下して、妊娠しにくくなる危険性があるのです。
ただでさえ仕事で忙しいうえに妊活にも取り組まなけらばならないため、ストレスを溜め込む妊活男性は多くいらっしゃいます。
趣味の時間をつくったり、パートナーにストレスについて正直に打ち明けるなどして、ストレス発散の方法を探っていくことが大切です。

8.十分な睡眠をとる

ある研究によると、睡眠時間が7?9時間の男性と3?5時間の男性それぞれの精液を調べたところ、後者の睡眠時間が短い男性の方が精液の酸化度が高いというデータが得られたそうです。
また、睡眠不足になると男性ホルモンの分泌量も低下すると言われています。
酸化による精子の質の低下や、男性ホルモンの分泌不足による生殖機能の低下を避けるために、十分な睡眠をとるのは大切なことです。

-妊活の基礎知識

Copyright© 妊活の極ブログ , 2018 All Rights Reserved.