妊活サプリメント

「漢方で妊活妊娠体質をつくる」

2017/06/23

2016060701

漢方とは

「漢方」とは、中国発症の伝統医学です。
病気を体全体の不調和と捉え、人が元々持っている自然治癒力を高めて、不調和を改善していくことで病気を治していくというものです。

西洋医学の場合、その病気の症状などによって薬を処方されますが、漢方の場合は、病名が同じでも、人によって体力、体質や体型、抵抗力、自覚症状が違うため、病名も大切ですが、ひとりひとりに体にあった処方がされることに特徴があります。にんかつさぷりもおすすめですが、少し違いますね。

漢方では自然の生薬を使い、それをその患者ごとにあった組み合わせでブレンドさせて処方されます。
自然を生薬を使っているため、体への負担は少なく抑えられており、副作用も少ないことが特徴です。

漢方の摂取の仕方

漢方の摂取の仕方は、処方によって違うため、処方されるときに飲み方と飲むタイミングをしっかりと確認することが大切!

一般的に多いのが食前の服用です。
これは、お腹が空いているタイミングのほうが、胃に余分なものが入っていない分、成分がしっかり吸収されるからという理由があります。

しかし、食前というのは意外と忘れやすいタイミングではないでしょうか。
万が一忘れてしまった場合、食後でも飲んでも問題ありません。
ただ、成分の吸収効率が空腹時よりも少し劣ってしまうことだけ認識しておきましょう。

飲み方はその漢方によって違いますが、こちらも一般的な服用方法は水かぬるま湯で飲むということです。
お茶やコーヒーなどの飲み物で飲むと、効き目が弱くなったりする可能性があるからです。
妊活サプリなどではあまりこういう説明はありませんね。

漢方を摂取する際に最も気を付けなければならないのが飲み合わせです。
漢方薬局などで処方されたものは、自分の体に合わせ、飲み合わせを考慮されたものなので、それだけ飲んでいれば問題ありませんが、市販の漢方薬などを勝手に加えて飲んでしまったりすると、飲み合わせが悪かった場合などは、体調不良を起こす可能性があります。

飲み方、飲むタイミングなど、疑問があれば、しっかりと確認した上で摂取しましょう。

漢方と不妊

漢方は体の様々なバランスを整えていくことで、体の状態をよくしていくのですが、これは不妊にも有効です。

不妊の場合、ホルモンバランスの乱れやストレス、様々な要因があるのですが、そのような不調が原因での不妊の場合は、漢方が非常に有効です。

しかし、漢方だけで妊娠できるのは限定的で、例えば、35歳以上で基礎体温にも異常があり、妊娠を希望していても2年以上も不妊であるといった場合は、漢方では改善の難しい体の機能的な問題がある場合があります。

不妊に効く漢方食材

漢方といえば、漢方薬を思い浮かべますし、漢方薬も妊活に有効です。
しかし、手軽に手に入る食材の中にも、漢方として使われるものがあります。

不妊に効く漢方食材は次のようなものがあります。
上手に普段の食事に取り入れるなどして、妊娠しやすい体にしていきましょう。

レンコン

2016060702
生で摂取する場合は、体にこもった熱を冷まし、潤いを補い、血行不良を改善する効果があります。
加熱して摂取する場合は、食欲を増進し、血を補うことで精神的に安定する効果があります。

シナモン

2016060703
シナモンは体を温める効果があります。
食事の調理の際の香辛料として使用する方法や、お菓子を作る際に入れたり、飲み物に少し加えるなど、様々な摂取方法があります。

ゆり根

2016060704
ゆり根は不眠やイライラ、動悸などの精神的な不安定状態を改善する効果があります。
また、病気に対する抵抗力なども高めることができます。

ミント

2016060705
自律神経の働きをよくするので、ストレスや不眠などからの不調の改善に効果があります。また、体の余分な熱を冷ます効果もあるため、ほてりなどのにも効果があります。

黒ゴマ

2016060706
黒ゴマに含まれる脂肪分には性ホルモンの分泌を促す効果があるほか、性ホルモンを作るために必要な必須アミノ酸も含まれています。
また、ゴマに含まれる「ゴマリグナン」が活性酸素を除去し、老化を防ぐほか、鉄分やミネラルもたくさん含まれています。

黒豆

2016060707
黒豆はイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスを整えてくれるほか、活性酸素を抑えて免疫力をアップする効果もあります。
体の余分な水分の排出も助けるため、一緒に毒素も排出してくれます。

松の実

2016060708
松の実に含まれる「亜鉛」は女性ホルモンの働きを高め、卵子の老化予防にも効果が高いと言われています。
それ以外にも、タンパク質や様々なビタミンやミネラルが含まれており、妊娠のために不可欠な血を増やす効果があるなど、妊娠力をあげる食材です。

西洋の漢方「ハーブ&ハーブティー」

東洋では昔から漢方が有名ですが、西洋ではハーブやハーブティーが古くから知られています。
このハーブティーも非常に妊活には向いている効果効能がございます。

直接的な身体への効果やリラックスや良い睡眠をとる効果などすごく有効的な妊活が目指せます。
ハーブティーの詳しい情報はこちらです。

西洋の漢方ハーブ&ハーブティーで妊活は!
「ハーブティーで妊活」-リラックスは最大の妊活効果

また現代では妊活サプリメントも素晴らしく進化しています。
「最新の妊活サプリのおすすめランキング」重要

 
 

-妊活サプリメント